海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の使い方を徹底解説

MXC使い方

SHARE

海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の使い方を徹底解説

おすすめ海外取引所ランキング
評価項目 1位 2位 3位 4位
レバレッジ BINANCE★★★★★ MXC★★★★☆ Bitget★★★★☆ bybit★★★☆☆
スプレッド BINANCE★★★★★ Bitget★★★★☆ bybit★★★☆☆ MXC★★★☆☆
手数料 bybit★★★★★ BINANCE★★★☆☆ Bitget★★★☆☆ MXC★★☆☆☆
サーバー BINANCE★★★★★ bybit★★★★☆ MXC★★★☆☆ Bitget★★★☆☆
日本語対応 bybit★★★★★ BINANCE★★★★★ Bitget★★★★☆
MXC★★★★☆
MXCって初心者でも使いこなせる?
MXCの基本的な使い方を教えてほしい!

なんてお考えではありませんか?

MXCはIEO取引所として知られているため、仮想通貨初心者やIEOに参加したことがない人にとっては、やや敷居が高く感じられるかもしれません。

しかし、MXCは日本語に対応しているほか、使い方もシンプルなので、初心者でも十分使いこなすことが可能です。

また、MXCではさまざまな取引が利用できるため、シンプルな売買取引(現物取引)も楽しめます。

そこで今回は、MXCの基本的な使い方や取引方法についてご紹介します。

実際の画面を使って解説していくので、この記事を読めばMXCをしっかりと使いこなせるようになりますよ!

ざっくり言うと
  • MXCでは現物・信用・先物・無期限契約・レバレッジトークン・DeFiといった取引が利用できる
  • 取引の種類は豊富だが使い方はとてもシンプル
  • 基本的に登録・入金・取引・出金の使い方が理解できればOK
  • 口座開設後の本人確認は任意
  • 日本語対応のなので国内取引所と同じ感覚で利用できる
  • ただし、入出金できるのは仮想通貨のみ

MXC(エムエックスシー)の公式サイトはこちら

MXC(エムエックスシー)の登録はこちら

仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の登録・口座開設方法

<イラスト>仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の登録・口座開設方法

MXCは日本語表記に対応しているほか、難しい操作が一切ないので、初心者でも手軽に登録することができます。

登録はメールアドレスもしくは携帯電話番号のどちらでも可能です。

今回は、メールアドレスで登録する手順をご紹介します。

STEP.1
公式サイトへアクセス

登録

MXCの公式サイトへアクセスし、画面右上にある「新規登録」をクリックします。

STEP.2
メールアドレスもしくは電話番号の入力

登録2

メールアドレス(もしくは携帯電話番号)パスワード(2ヵ所)を入力します。

あとは利用規約の同意にチェックを入れ「新規登録」をクリックすれば登録完了です。

MXC登録海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の登録・口座開設方法

仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の入金方法

<イラスト>仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の入金方法

MXCに入金できるのは仮想通貨のみです。

日本円は入金できませんので、国内取引所で事前に仮想通貨を購入しておく必要があります。

MXCの取り扱い通貨であればどんな銘柄も入金できるので、自分が欲しい通貨を用意しておけばOKです。

STEP.1
ログイン

入金1

MXCへログインし、画面右上にある「ウォレット」にカーソルを合わせます。

出てきたメニューから「概要」をクリック。

STEP.2
入金画面の表示

入金

すると純資産残高という画面が表示されるので、「入金」タブを選択します。

STEP.3
入金先アドレスの確認

入金2

入金する通貨使用するネットワークを選択したら、入金アドレスの欄をクリックします。

入金3

すると入金アドレスが表示されるので、このアドレス宛に仮想通貨を送金すればOKです。

MXC入金海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の入金方法を徹底解説!

仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の仮想通貨購入

<イラスト>仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の仮想通貨購入ジットカード入金(購入)

MXCでは仮想通貨取引のほかに、仮想通貨を購入することが可能です。

保有しているクレジットカードやデビットカードの情報を入力するだけなので、ネットショッピングと同じ感覚で仮想通貨が購入できます。

また、購入した通貨はMXCの口座に入金されるため、実質日本円入金が可能となります。

ただし、購入できる通貨と対応ブランドが限られているので注意しましょう。

  • 対応ブランド・・・VISA /MasterCard
  • 購入できる通貨・・・BTC /ETH /USDT/ XRP/ USDC/ EOS/ TRX/ TUSD/ AME
STEP.1
MXCへログイン

クレカ

MXCへログイン後、画面左上にある「OTC取引」にカーソルを合わせ、出てきたメニューから「クイック購入/売却」をクリック。

STEP.2
購入内容の入力

クレカ2

購入画面が表示されたら、購入、購入金額、支払いをする通貨(JPY)、購入したい通貨を選択します。

すると、購入できるロット数が表示されるので、間違いないことを確認してください。

クレカ2.5

その後利用するプロバイダを選択し「購入◯◯」をクリックします。

STEP.3
決済方法の選択

クレカ3

クレジット /デビットカードを選択し、「続行する」をクリック。

STEP.5
クレジットカード情報の入力

クレカ4

カード番号、有効期限、名義、セキュリティコードを入力し、利用規約の同意に印を入れます。

他2つの項目は任意で印を入れ、「次へ」をクリックしてください。

STEP.6
個人情報の入力

クレカ5

住所、都市名、郵便番号、メールアドレス、電話番号、生年月日を入力し、最後に「今すぐ支払う」をクリックします。

仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の取引方法

<イラスト>仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の取引方法

MXCでは現物・信用・先物・無期限契約といった取引が利用可能です。

いずれも取引画面はシンプルで、初めてでも直感的に操作することができます。

取引

今回は、仮想通貨取引の基本となる現物取引の手順について見ていきましょう。

STEP.1
取引画面の表示

現物

MXCへログイン後、画面左上にある「取引」にカーソルを合わせ、出てきたメニューから「現物取引」をクリックします。

STEP.2

現物2

こちらが現物取引画面になります。

画面右上で通貨ペアを選択するようになりますが、MXCは取り扱い通貨が多いため、検索欄で取引したい銘柄を検索するのが便利です。

STEP.3
注文内容を入力

現物3

通貨ペアを選択したら、画面中央下にある注文画面を入力していきます。

上から注文方法購入したい価格購入したい数量を入力し、内容に間違いがなければ「◯◯を購入」をクリックしてください。

また、保有している通貨を売りたいときは、画面右側の売り出し項目へ入力していきます。

仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の出金方法

<イラスト>仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の出金方法

MXCで出金できるのは仮想通貨のみです。

日本円で出金したい場合は一度国内取引所へ送金し、そこから日本円出金をする必要があります。

STEP.1
ログイン

入金1

MXCへログインし、画面右上にある「ウォレット」にカーソルを合わせます。

出てきたメニューから「概要」をクリック。

STEP.2
出金画面の表示

出金

すると純資産残高という画面が表示されるので、「出金」タブを選択します。

STEP.3
出金先アドレスの入力

出金2

出金したい通貨を選択したら、出金先アドレス、利用するネットワーク、金したい数量を入力します。

内容に間違いがなければ「確認」をクリックし、出金申請を完了させましょう。

MXC出金海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の出金方法を徹底解説!

仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)ローンチパッドのやり方

<イラスト>仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)ローンチパッドのやり方

ローンチパッドは、上場前の通貨を安値で購入できるサービスになります。

上場後に大きな値上がりを見せる通貨も多いので、効率よく利益を獲得したい人におすすめです。

STEP.1
ローンチパッドの画面を開く

ローンチパッド

画面上部の「ファイナンス」にカーソルを合わせ、出てきたメニューの中から「ローンチパッド」を選択します。

STEP.2

ローンチパッド2

上場前の通貨が一覧で表示されるので、ローンチパッドしたい通貨を選択します。

注意

通貨ごとに供給量が決まっているほか、通貨によってはローンチパッドまでの時間が短い場合もあるので、最新情報をこまめにチェックしておくことが大切です。

仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)ステーキングのやり方

<イラスト>仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)ステーキングのやり方

ステーキングとは、保有している通貨を預けることで報酬を受け取れるというサービス

MXCには大きく2種類のステーキングがあって、自分に合ったステーキングが選べます。

MXCのステーキング
  1. フレキシブルステーキング/ロック付きステーキング
  2. ETH2.0ステーキング

フレキシブルステーキング/ロック付きステーキング

フレキシブルステーキングは、預けた通貨をいつでも戻すことができるステーキングです。

ステーキング期間は1日単位で、自由度が高い分報酬も少なめになっています。

一方ロック付きステーキングは、一定期間の預け入れが必要なステーキングです。

預け入れている間は通貨を戻すことができませんが、その分報酬が高めに設定されています。

STEP.1
ステーキング画面を開く

ステーキング

画面上部の「ファイナンス」にカーソルを合わせ、出てきたメニューの中から「MEXCステーキング」を選択します。

STEP.2

ステーキング2

ステーキングの種類を選択したら、預けたい通貨の右側にある「今すぐステークする」をクリックします。

STEP.3

ステーキング3

利用条件の同意にチェックを入れ、「確認してステーキングを開始」をクリックしましょう。

ETH2.0ステーキング

ETH2.0ステーキングとは、その名のとおりETHに特化したステーキングです。

ETHは現在も開発が進んでおり、開発に必要な流動性を提供するのがETH2.0ステーキングの目的となります。

金利が高めに設定されていますが、一度預けると開発が完了するまで(1〜2年程)戻せないので注意が必要です。

STEP.1
ステーキング画面を開く

ETHステーキング

画面上部の「ファイナンス」にカーソルを合わせ、出てきたメニューの中から「ETH2.0ステーキング」を選択します。

STEP.2

ETHステーキング2

預けたい数量を入力し、「ステーキング・コンバート」をクリックすればステーキング完了です。

仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の使い方まとめ

<イラスト>仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の使い方まとめ

MXCは日本語に対応しているうえ、使い方も非常にシンプルなので、初心者でも迷わず操作することができます。

また、現物・信用・先物・無期限契約・レバレッジトークン・DeFiいった豊富な取引だけでなく、IEOへの参加も可能です。

1つのプラットフォームでここまで幅広いサービスを利用できるというのは、MXCならではの魅力といえます。

日本でも人気が高まりつつある取引所なので、ぜひこの機会にMXCの使い方をマスターしておきましょう!

MXCの使い方おさらい
  • MXCでは現物・信用・先物・無期限契約・レバレッジトークン・DeFiといった取引が利用できる
  • 取引の種類は豊富だが使い方はとてもシンプル
  • 基本的に登録・入金・取引・出金の使い方が理解できればOK
  • 口座開設後の本人確認は任意
  • 日本語対応のなので国内取引所と同じ感覚で利用できる
  • ただし、入出金できるのは仮想通貨のみ
MXC日本人海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)を日本人が使うメリットと注意点

MXC(エムエックスシー)の公式サイトはこちら

MXC(エムエックスシー)の登録はこちら