bybit(バイビット)の手数料とは?レバレッジやBitMEXとの違いを徹底解説!

bybit-手数料-アイキャッチ

SHARE

bybit(バイビット)の手数料とは?レバレッジやBitMEXとの違いを徹底解説!

bybitを使ってみたいけど、手数料って安いの?
bybitのレバレッジや、BitMEXとの違いを教えてほしい!

なんてお考えではありませんか?

bybitは、2018年に誕生したまだ新しい海外取引所です。

通貨の種類は少ないものの、最大100倍のハイレバレッジが利用できることから、サービス開始以降急速に取引量を増やしています。

また、手数料やレバレッジ、使いやすさなど、BitMEXと似ている点が多いことでも知られているんです。

そこで今回は、bybitの手数料やレバレッジ、BitMEXとの違いについてご紹介します。

また、bybitの基本情報についてもまとめているので、この記事を読めばbybitで賢く取引することができますよ!

ざっくり言うと
  • bybitの入金手数料は無料
  • bybitの手数料は取引手数料・発掘手数料・資金調達率の3種類
  • 基本的にはBitMEXと同じような仕組みになっている
  • 指値注文はマイナス手数料となっているため、手数料を受け取ることができる
  • 資金調達率はスワップ手数料のこと
  • bybitでは8時間ごとにスワップ手数料がかかるので注意

bybit(バイビット)公式サイトはこちら

bybit(バイビット)の登録はこちら

bybit(バイビット)の手数料

bybit-手数料-手数料

bybitでは以下3種類の手数料が発生します。

他の取引所に比べて割安ではありますが、何も考えずに取引すると損をしてしまう可能性もあるので要注意です!

それでは、各手数料について1つずつ見ていきましょう。

bybitの手数料
  1. 取引手数料
  2. マイニング手数料
  3. 資金調達率

取引手数料

bybitで仮想通貨取引をする際には取引手数料がかかります。

bybitの取引手数料はテイカー・メイカーの2種類のみとなっており、どの通貨ペアも手数料は同じです。

通貨ペア メイカー手数料 テイカー手数料
BTC/USD -0.025% 0.075%
ETH/USD -0.025% 0.075%
XRP/USD -0.025% 0.075%
EOS/USD -0.025% 0.075%

テイカーは成行注文、メイカーは指値注文を意味し、メイカー注文では手数料がマイナスになります。

つまり、指値注文をすれば手数料を受け取ることができるということです。

たとえば、成行注文で10,000BTC/USDを購入したAさんと、指値注文で10,000BTC/USDを売却したBさんを比較してみましょう。

失効価格が8,000USDの場合…

Aさん・・・10,000 ÷ 8,000 × 0.075% = 0.0009375 BTC

Bさん・・・10,000 ÷ 8,000 × -0.025% = -0.0003125 BTC

このように、成行注文をしたAさんは0.0009375 BTCの手数料が発生するのに対し、指値注文をしたBさんは0.0003125 BTCを受け取ることができるのです。

MEMO

取引手数の計算式は ポジション価格 × 取引手数料率 です。

発掘手数料

bybitの入出金手数料は無料ですが、入金および出金の際には「発掘手数料(マイニング手数料)」がかかります。

入金に関してはニーズに応じて手数料を調整することが可能です。

しかし、出金に関しては金額に関係なく以下の手数料が一律で課せられます。

通貨 BTC ETH XRP EOS
発掘手数料 0.0005 0.01 0.25 0.1
注意

入金の際、発掘手数料を少なく設定し過ぎると送金されませんので注意しましょう。

資金調達率

資金調達率とは、一般的にいうスワップ手数料のことです。

bybitでは、売り手と買い手で直接交換される仕組みになっており、資金調達0:00、8:00、16:00の8時間毎に行われます。

この時点でポジションを保有していた場合に資金調達の支払い、もしくは受け取りが発生します。

そして、この資金調達率の計算はやや複雑です。

bybitの資金調達率は、毎分「金利」「プレミアム指数」を計算した後、一連の分レートに対して8時間の時間加重平均価格を行います。

その後、8時間金利コンポーネントと8時間プレミアム指数を使用して資金調達率が計算される仕組みです。

さらに、影響緩和のためそこにに+/-0.05%が加味されるので、資金調達率は変動的になります。

資金調達率 = プレミアム指数 +(金利-プレミアム指数, 0.05%,  -0.05%)

リアルタイムの資金調達率は取引画面に表示されるので、よく分からないという人はそこで確認するようにしましょう。

bybit-手数料-資金調達率

bybit(バイビット)ってどんな取引所?

bybit-手数料-取引所

bybitは誕生してまだ間もない取引所なので、どんな取引所なのかを知らない人も多いことでしょう。

ここでは、bybitの概要や基本的なサービス内容についてご紹介します。

基本情報

bybitは2018年に誕生した新しい海外取引所です。

最大レバレッジが100倍であることや、マイナス手数料という点など、bitMEXと似ている点が多いことでも知られています。

運営会社 Bybit Fintech Limited
設立 2018年3月
所在地 シンガポール
代表取締役 Ben Zhou
公式アカウント Twitter
Facebook
instagram
midium
YouTube

取扱通貨とレバレッジ

bybitの取扱通貨は4種類とやや少なめで、全てドル建てになります。

海外取引所にしては少ないですが、主流通貨で取引したい人には問題ないでしょう。

また、最大100倍のレバレッジが利用できるのはBTCのみとなり、他の通貨に関しては50倍が最大です。

通貨ペア 最大レバレッジ
BTC/USD 100倍
ETH/USD 50倍
XRP/USD 50倍
EOS/USD 50倍

取引の種類

bybitで利用できるのは無期限契約取引のみです。

無期限契約とは「FX」を意味し、満期や決済がない取引のことをいいます。

無期限契約の特徴
  • 満期・決済なし
  • 取引はほぼインデックス価格と同じ
  • 入出金がスピーディ

セキュリティ

bybitは新しい取引所なだけあり、セキュリティ対策も万全です。

コールドウォレットでの資産管理や2段回認証はもちろん、入金時の検証作業では全てのブロックチェーンにおける入金記録、トランザクション、アカウント残高(個人・プラットフォーム)の確認が行われます。

そのため、初心者でも安心して資産を預けることができるでしょう。

イベント

bybitではさまざまなイベントを定期的に開催しており、2019年11月28日〜2019年12月13日の期間は世界中のトレーダーが損益率を競い合う「BTC Brawl」が開催されています。

bybit-手数料-BTC Brawl

このイベントでは「チーム賞金」と「個人賞金」の2種類が用意されており、最大100BTCの賞金が獲得できるのだそう。

そのため、仮想通貨取引をより楽しめるほか、利益獲得のチャンスも多いという魅力があります。

また、こういったイベントを開催する背景には、「ユーザーの意見を尊重し、最高の取引体験を提供しよう」というbybitの理念があるのです。

bybit(バイビット)とBitMEXの違い

bybitはBitMEXと似ている取引所としても知られており、具体的には手数料レバレッジが同じになっています。

また、両者は追証がないことや日本語に対応している部分、使いやすさといった点でも似ている部分が多いため、比較の対象になることが多いのです。

比較一覧

ここでは、bybitとBitMEXのサービス内容を比較してみました。

bybit BitMEX
取扱通貨 4種類 8種類
レバレッジ 50〜100倍 20〜100倍
手数料 Maker :-0.025
Taker:0.075%
Maker :-0.025%〜-0.05%
Taker:0.075%〜0.25%
取引の種類 無期限契約取引 無期限契約取引
先物取引
アップサイド利益契約
ダウンサイド利益契約
追証 なし なし
日本語対応

先述したように、bybitではビットコインのみ100倍のレバレッジが利用でき、アルトコインについては50倍が最大になります。

これに対し、BitMEXでもレバレッジが100倍になるのはビットコインのみで、アルトコインについては20〜50倍となっています。

また、BitMEXではビットコインの手数料がMaker -0.025%、Taker0.075%となり、これもbybitと同じです。

こうしてみると、類似点が多いことがわかりますよね。

しかし、取扱通貨や利用できる取引の種類についてはBitMEXの方が豊富です。

MEMO

bybitでは、スワップ手数料として「資金調達率」というシステムがありますが、これもBitMEXとの共通点となっています。

bybit(バイビット)手数料のまとめ

bybit-手数料-まとめ

bybitの手数料は取引手数料、発掘手数料、資金調達率の3種類があり、金額は安めに設定されているといえます。

しかし、出金時の発掘手数料は一律となるほか、資金調達率も随時変動するので、これらの仕組みをしっかりと理解しておくことが大切です。

とはいえ、最大レバレッジ100倍やマイナス手数料など、bitMEXと同じような仕組みになっているため、比較的使いやすい取引所だといえるでしょう。

また、日本語にも対応しているので、英語が苦手な人もぜひ利用してみてくださいね!

bybit手数料のおさらい
  • bybitの手数料は取引手数料、発掘手数料、資金調達率の3種類
  • 基本的な仕組みはbitMEXと似ている
  • 取引手数料は安く、指値注文であれば手数料を受け取ることができる
  • 新しい取引所なのでセキュリティ対策も万全
  • 定期的にイベントを開催しているので、仮想通貨取引をより楽しむことができる
  • 日本語対応!

bybit(バイビット)公式サイトはこちら

bybit(バイビット)の登録はこちら

bybit-使い方-アイキャッチbybit(バイビット)の使い方や登録方法をわかりやすく解説!