海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の評判と口コミからわかるメリット・デメリット

MXC評判・口コミ

SHARE

海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の評判と口コミからわかるメリット・デメリット

おすすめ海外取引所ランキング
評価項目 1位 2位 3位
レバレッジ BINANCE★★★★★ bybit★★★★☆ MXC★★★★☆
スプレッド bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ MXC★★★☆☆
手数料 bybit★★★★★ BINANCE★★★☆☆ MXC★★★☆☆
サーバー bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ MXC★★★☆☆
日本語対応 bybit★★★★★ BINANCE★★★★★ MXC★★★☆☆
MXCの評判ってどうなんだろう…。
実際に使っている人の口コミを見てみたい!

なんてお考えではありませんか?

MXCは海外だけでなく、日本でも人気の取引所です。

IEOの参加をはじめ、豊富な取扱通貨日本語対応使いやすいデザイン等、さまざまな魅力があります。

とはいえ、いざ使うとなると評判や口コミが気になりますよね。

そこで今回は、MXCの評判と口コミから分かるメリット・デメリットについてご紹介します。

この記事を読めば、MXCの実態を知ることができますよ!

ざっくり言うと
  • MXCは良い評判・口コミが圧倒的に多い
  • 評判・口コミからわかるメリットはIEOに参加できる日本語表記取扱通貨が豊富
  • 評判・口コミからわかるデメリットは手数料が割高
  • MXを保有して配当を受け取れば、実質手数料も安くなる
  • 使用感は人それぞれなので、実際に一度使ってみるべき!

MXC(エムエックスシー)の公式サイトはこちら

MXC(エムエックスシー)の登録はこちら

MXC(エムエックスシー)の基本情報

<イラスト>MXC(エムエックスシー)の基本情報

MXCはシンガポールに拠点を構える、中国系の仮想通貨取引所です。

海外取引所は何かと不安を感じやすいですが、MXCはスイス、カナダ、オーストラリア、アメリカなど5ヵ国のコンプライアンスに適応。

つまり、安全性・信頼性ともに高く評価されている取引所なんですね。

また、さまざまな取引を利用できるのも大きな魅力で、最近話題となっているDeFiも幅広く取り扱っています。

もちろん現物取引も利用できるので、初心者から上級者まで幅広い層に人気です。

MXCの概要
設立 2018年
所在地 シンガポール
取引の種類 現物・マージン・先物・P2P・ETF・スワップ・DeFi
取扱通貨 600種類以上
取引手数料 一律0.2%
日本語対応
公式アプリ

MXC(エムエックスシー)の評判・口コミ

<イラスト><イラスト>MXC(エムエックスシー)の基本情報

MXCは日本でも人気の取引所なだけに、ネット上には多くの口コミがあがっています。

ここでは、MXCの評判として多かった口コミをまとめてみました。

IEOに参加できる

MXC最大の魅力といえるのがIEOですよね。

MXCは日本語にも対応しているので、「日本人がIEOに参加するならMXC」といったイメージが強まっています。

いろいろなアルトコインが買える

MXCは取扱通貨が豊富なことでも知られています。

先日、SHIBA INUという通貨がいきなり高騰を始めた際も、SHIBAINUを購入しようと多くの人がMXCへ流入しました。

便利&使いやすい

MXCの画面はシンプルで非常に見やすく、直感的に操作することができます。

そのうえ、画面上でトレンド銘柄などもチェックできるので、初心者からの人気も高いようです。

日本語対応が微妙

MXCの画面は日本語表記に対応していますが、部分的に不自然な日本語が使われているよう。

私がサポートへ問い合わせをした際も、あきらかに翻訳アプリで訳した日本語で返ってきました(笑)。

少し考えれば理解できるレベルですが、トラブルが起こったときのことを考えるとやや不安が残るかもしれません。

手数料が割高

MXCはいろいろな魅力を持つ取引所ですが、手数料は魅力的ではないよう。

入出金取引の前には、必ず手数料を確認するようにしましょう。

MXC(エムエックスシー)の評判・口コミからわかるメリット

<イラスト>MXC(エムエックスシー)の評判・口コミからわかるメリット

MXCの評判・口コミからわかる主なメリットは、以下の3つです。

MXCのメリット
  1. IEOに参加できる
  2. 日本語表記
  3. 取扱通貨が豊富

メリット1. IEOに参加できる

IEOとは「Initial Exchange Offering」の略称で、ブロックチェーンプロジェクトで発行するトークンの先行販売を意味します。

MXCはIEOに参加できる数少ない取引所で、市場取引が開始される前のトークンを購入することが可能です。

公開前のトークンは値段がかなり低いですから、一般公開後は当然利益が出やすくなります。

つまり、MXCを利用することで大きなチャンスを掴むことができるんですね。

メリット2. 日本語表示

最近は日本語表示に対応した海外取引所も多いですが、MXCもそのうちの一つです。

評判・口コミであったように不自然な部分はあるものの、英語が苦手な人にとってはかなり助かりますよね。

また、MXCは取引の種類が豊富なことでも知られているのですが、これらすべての取引を日本語で利用できるんです。

そう考えると、多少不自然でも大きなメリットだといえるでしょう。

メリット3. 取扱通貨が豊富

MXCでは600種類以上の通貨を取り扱っており、この数は業界トップクラスを誇ります。

新しい通貨もいち早く上場するので、主要通貨で取引したい人はもちろん、アルトコインや草コイン取引を楽しみたい人にも人気です。

さらに、取扱通貨すべてが入出金に対応しているのは、草コインユーザーにとってかなり魅力的ですよね。

MXC取扱通貨海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の取扱通貨とUSDTをはじめとする通貨ペア

MXC(エムエックスシー)の評判・口コミからわかるデメリット

<イラスト>MXC(エムエックスシー)の評判・口コミからわかるデメリット

MXCの評判・口コミからわかる主なデメリットは、手数料が割高だという点。

MXCで発生する手数料は出金手数料取引手数料資金調達率の3種類で、口座を維持するための口座維持手数料や、資金を入金する際の入金手数料はありません。

しかし、取引手数料は一律0.2%と割高です。

ほかの人気取引所と比べてもこの通り。

取引所 取引手数料
MXC 一律0.2%
BINANCE Maker:0.020%〜
Taker:0.040%〜
bybit 1Maker:-0.025%
Taker:0.075%
OKEx Maker:-0.015%〜
Taker:0.025%〜

とはいえ、MXCの独自トークンとなるMXを保有していれば、保有量に応じた配当を受けることができます。

もし配当金を受けられるのであれば、実質手数料は一般的もしくは割安になりますよ!

MXC手数料海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の手数料を徹底解説!

MXC(エムエックスシー)の登録・口座開設方法

<イラスト>MXC(エムエックスシー)の登録・口座開設方法

MXCは日本語表記に対応しているほか、難しい操作が一切ないので、初心者でも手軽に登録することができます。

登録はメールアドレスもしくは携帯電話番号のどちらでも可能です。

STEP.1
公式サイトへアクセス

公式サイトへアクセス

MXCの公式サイトへアクセスし、画面右上にある「サインアップ」をクリックします。

STEP.2
メールアドレスもしくは電話番号の入力

メールアドレスもしくは電話番号の入力

メールアドレスパスワード(2ヵ所)を入力し、「コードを送信」をクリック。

すると入力したメールアドレス宛に認証コードが届くので、本文に記載されている6桁の数字を「メールアドレス検証コード」の部分に入力します。

MXC登録3

あとは利用規約の同意にチェックを入れ「会員登録」をクリックすればOKです。

STEP.3
ログイン

メールアドレスの入力

登録が完了するとログイン画面が表示されるので、「メールでログイン」を選択。

メールアドレスパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

なお、MXCのセキュリティ設定および本人確認については以下の記事で詳しく解説しています。

MXC登録海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の登録・口座開設方法

海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の評判・口コミまとめ

<イラスト>海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の評判・口コミまとめ

MXCは日本でも人気の取引所となるため、利用者の評判や口コミもさまざまです。

なかには悪い口コミもありましたが、全体的に見ると良い口コミの方が圧倒的に多かったです。

一通りの評判・口コミが確認できたら、さっそく実際の使い心地を実感してみましょう!

MXCの評判・口コミおさらい
  • MXCは良い評判・口コミが圧倒的に多い
  • 評判・口コミからわかるメリットはIEOに参加できる、日本語表記、取扱通貨が豊富
  • 評判・口コミからわかるデメリットは手数料が割高
  • MXを保有して配当を受け取れば、実質手数料も安くなる
  • 使用感は人それぞれなので、実際に一度使ってみるべき!

MXC(エムエックスシー)の公式サイトはこちら

MXC(エムエックスシー)の登録はこちら