海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の二段階認証をわかりやすく解説!

MXC二段階認証

SHARE

海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の二段階認証をわかりやすく解説!

おすすめ海外取引所ランキング
評価項目 1位 2位 3位
レバレッジ BINANCE★★★★★ bybit★★★★☆ MXC★★★★☆
スプレッド bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ MXC★★★☆☆
手数料 bybit★★★★★ BINANCE★★★☆☆ MXC★★★☆☆
サーバー bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ MXC★★★☆☆
日本語対応 bybit★★★★★ BINANCE★★★★★ MXC★★★☆☆
MXCの二段階認証って簡単に設定できる?
そもそも二段階認証って必要なの

なんてお考えではありませんか?

近年の仮想通貨取引所では、国内外を含めセキュリティがかなり強化されていますよね。

二段階認証はユーザー側で設定する代表的なセキュリティ対策になり、MXCにも導入されています。

MXCを安全に利用するためには、二段階認証の設定が必須といっても過言ではないでしょう。

そこで今回は、二段階認証の必要性と、MXCの二段階認証設定について解説します。

この記事を読めば、MXCに預けている資産をしっかりと守ることができますよ!

ざっくり言うと
  • MXCの二段階認証はSMSGoogleの2種類
  • 二段階認証以外にフィッシングメール対策コードも設定が可能
  • 二段階認証は第三者による不正ログインのリスクを大幅に軽減できる
  • 安全性を高めるためには3種類すべてを設定するのがおすすめ
  • MXCのセキュリティ設定は誰でも手軽にできる

MXC(エムエックスシー)の公式サイトはこちら

MXC(エムエックスシー)の登録はこちら

二段階認証の必要性

<イラスト>二段階認証の必要性

二段階認証とは、メーアドレスとパスワードによる通常ログインに加え、一時的に有効なパスワードを発行するというセキュリティ対策になります。

通常ログインの場合、万が一メールアドレスやパスワードが流出すれば誰でも簡単にログインができてしまうため、不正ログインのリスクが高まります。

また、ログインのみならず取引や出金もできてしまうので、「気付いたら口座が空だった…」なんてこともあり得るのです。

しかし、二段階認証を設定しておけば、一時的に有効なパスワードを入力しないとログインができないため、不正ログインのリスクがほとんどありません。

つまり、二段階認証は大切な資産を守るために必要不可欠な設定だといえるのです。

MXC安全性海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の安全性を徹底検証!

MXC(エムエックスシー)の二段階認証設定

<イラスト>MXC(エムエックスシー)の二段階認証設定

MXCには3種類のセキュリティ設定が用意されていて、このうち2種類が二段階認証になります。

とはいえ、3種類ともセキュリティ対策には欠かせない設定になっているので、ここでは3種類すべての設定手順をご紹介します。

セキュリティ設定
  1. SMS認証設定
  2. フィッシング対策コード設定
  3. Google認証設定

SMS認証設定

STEP.1
セキュリティ設定画面の表示

MXC(エムエックスシー)

MXCにログイン後、画面右上にあるアカウントマークをクリックし、出てきたメニューから「パーソナル設定」を選択します。

STEP.2
SMS認証を選択

SMS認証設定

「携帯と紐づく」の部分にある「設定」をクリックします。

STEP.3
携帯電話番号の入力

SMS認証設定2

SMS認証設定3

国番号、携帯電話番号を入力したら、それぞれの「直ちにゲットします」をクリックしてSMS認証コードメールアドレス認証コードを入力してください。

最後に「提出」をクリック。

フィッシング対策コード設定

STEP.1
セキュリティ設定画面の表示

MXC(エムエックスシー)

MXCにログイン後、画面右上にあるアカウントマークをクリックし、出てきたメニューから「パーソナル設定」を選択します。

STEP.2
フィッシング対策コードを選択

フィッシング対策コード設定

「フィッシング対策コード」の部分にある「設定」をクリック。

STEP.3
対策コードの入力

フィッシング対策コード設定2

するとこんな画面が表示されるので、画面下部に任意の対策コードを入力してください。

最後に「作成」をクリックします。

Google認証設定

STEP.1
セキュリティ設定画面の表示

MXC(エムエックスシー)

MXCにログイン後、画面右上にあるアカウントマークをクリックし、出てきたメニューから「パーソナル設定」を選択します。

STEP.2
Google検証の選択

2段階認証設定1

「Google検証」の部分にある「立ち上げてください」をクリック。

STEP.3
QRコードの読み取り

2段階認証設定3

MXCの二段階認証ではGoogle Authenticatorアプリを推奨しているので、スマートフォンにアプリをインストールします。

インストール後はGoogle Authenticatorアプリ開き、画面のQRコードを読み取ってください。

MEMO
QRコードの右に表示されているキーは、Google Authenticatorアプリが利用できなくなった際に必要になるので、必ず控えておいてください。
STEP.4
認証コードの入力

2段階認証設定

ログインパスワードを入力し、「直ちにゲットします」をクリックします。

するとSMSが届くので、本文に記載されているSMS認証コードと、Google Authenticatorアプリに表示されているGoogle認証コードを入力し、最後に「バインディング」をクリックしてください。

MXC本人確認海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の本人確認を徹底解説!

MXC(エムエックスシー)の二段階認証に関するFAQ

<イラスト>MXC(エムエックスシー)の二段階認証に関するFAQ

ここからは、MXCの2段階認証設定でよくある質問について紹介します。

いざという時に役に立つ内容なので、ぜひ参考にしてみてください。

二段階認証でよくある質問
  • 二段階認証でログインができない
  • スマートフォンを紛失してしまった
  • バックアップコードを紛失してしまった
  • ガラケーの場合はどうしたらいい?

Q1:二段階認証でログインができない

A:二段階認証でログインができない場合は、以下2つの原因が考えられます。

  • 認証コードが間違っている
  • 時刻設定が間違っている

認証コードが間違っている

ログインできない原因の1つ目は、認証コードの入力ミスです。

Google Authenticatorでは設定している取引所の認証コードがすべて一覧で表示されるため、違う取引所の認証コードを入力している可能性があります。

そのため、「@mxc.com」と記載されている部分の認証コードを入力しているか、今一度確認してみましょう。

認証コードが間違っている

時刻設定が間違っている

ログインできない原因の2つ目は、スマートフォンの時間が正しくないことです。

2段階認証アプリは、スマートフォンの時間がずれているとうまく認証することができません。

そのため、スマートフォンの時間設定に問題がないか確認してみましょう。

Q2:スマートフォンを紛失してしまった

A:バックアップコード(キー)で復元してください。

紛失および破損によりスマートホンで認証コードが確認できなくなってしまった場合は、設定時に控えたバックアップコード(キー)で復元することが可能です。

Q3:バックアップコードを紛失してしまった

A:二段階認証設定をリセットしてください。

スマートフォンが使えないうえ、バックアップコードも紛失してしまったという場合は、二段階認証設定をリセットする必要があります。

STEP.1
セキュリティ設定画面の表示

MXC(エムエックスシー)

MXCにログイン後、画面右上のアカウントマークをクリックし、出てきたメニューから「パーソナルセンター」を選択します。

STEP.2
Google認証画面の表示

二段階認証設定をリセット

Google認証の部分にある「オフにしてください」をクリック。

STEP.3
パスワードの入力

二段階認証設定をリセット2

ログインパスワードを入力し「直ちにゲットします」をクリックします。

するとSMSが届くので、本文に記載されているSMS認証コードと、Google認証コードを入力し、最後に「バイディングの解除」をクリックしてください。

Q4:ガラケーの場合はどうしたらいい?

A:SMS認証を設定してください。

MXCでは、Googla Authenticatorアプリ意外にも、携帯電話番号を使ったSMS認証を設定することができます。

SMSであればアプリをインストールする必要がないので、ガラケーの場合はSMS二段階認証を設定しましょう。

MXCロスカット海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の追証とロスカット

MXC(エムエックスシー)の二段階認証まとめ

<イラスト>MXC(エムエックスシー)の二段階認証を解除する方法

MXCはセキュリティに力を入れている取引所なので、もちろん二段階認証が導入されています。

二段階認証はSMSGoogleの2種類があり、これ以外にフィッシングメール対策コードも設定が可能です。

これらの設定は任意となっていますが、大切な資産を守るためにも、全ての設定を済ませておくことがおすすめです。

今回ご紹介した通り、設定はどれも簡単で、むずかしい操作は一切ありません。

二段階認証は第三者による不正ログインのリスクを大幅に軽減することができるので、さっそく設定してみてくださいね!

MXCの二段階認証おさらい
  • MXCの二段階認証はSMSとGoogleの2種類
  • 二段階認証以外にフィッシングメール対策コードも設定が可能
  • 二段階認証は第三者による不正ログインのリスクを大幅に軽減できる
  • 安全性を高めるためには3種類すべてを設定するのがおすすめ
  • MXCのセキュリティ設定は誰でも手軽にできる

MXC(エムエックスシー)の公式サイトはこちら

MXC(エムエックスシー)の登録はこちら