海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)を日本人が使うメリット

MXC日本人

SHARE

海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)を日本人が使うメリット

おすすめ海外取引所ランキング
評価項目 1位 2位 3位
レバレッジ BINANCE★★★★★ bybit★★★★☆ MXC★★★★☆
スプレッド bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ MXC★★★☆☆
手数料 bybit★★★★★ BINANCE★★★☆☆ MXC★★★☆☆
サーバー bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ MXC★★★☆☆
日本語対応 bybit★★★★★ BINANCE★★★★★ MXC★★★☆☆
日本人がわざわざMXCを使う理由ってなんなの?
海外取引所にあって国内取引所にないものってなに?

なんてお考えではありませんか?

確かに、日本にはたくさんの仮想通貨取引所があるので、わざわざ海外取引所を使う必要はないと考える人は大勢いると思います。

特に英語が苦手な人にとっては、メリットよりもデメリットの方が多いのかもしれません。

しかし、最近は日本語に対応している海外取引所も多く、国内取引所と同じ感覚で取引することが可能です。

また、MXCではIEOに参加できたり、レバレッジトークンが利用できたりと、国内取引所にはない魅力がたくさんあるんです。

そこで今回は、日本人がMXCを利用するメリットについて解説していきます。

この記事を読めば、MXCを使う日本人が増えている理由が明確になりますよ!

ざっくり言うと
  • MXCはIEOに参加できる数少ない取引所
  • 取り扱い通貨・取引の種類がともに豊富
  • 独自トークンを保有すると配当が受けられる
  • 日本語対応なので英語が苦手な日本人でも安心!
  • 実質両建てができるレバレッジトークンも大きな魅力
  • ただし、手数料が割高なうえ日本語対応していないサービスもあるので注意が必要

MXC(エムエックスシー)の公式サイトはこちら

MXC(エムエックスシー)の登録はこちら

海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)を日本人が使うメリット

<イラスト>海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)を日本人が使うメリット

海外取引所を使う理由はさまざまですが、日本人がMXCを使う理由は主に5つです。

日本人が使うメリット
  1. IEOに参加できる
  2. 取り扱い通貨が豊富
  3. 取引の種類が豊富
  4. 独自トークンを発行している
  5. 日本語に対応している

メリット1. IEOに参加できる

MXCはIEOに参加できる数少ない取引所です。

IEOとは「Initial Exchange Offering」の略語で、ブロックチェーンを利用した資金調達の一つになります。

具体的には、資金調達を望むプロジェクトに対して、仮想通貨取引所がトークンの販売から上場までをサポートするようなイメージ。

そのためICOのような詐欺トークンは極めて少なく、取引所のユーザーのみが対象のクローズドプロセスになっているのが特徴です。

IEOに力を入れているMXCでは、IEOへの参加はもちろん、上場させる通貨へ投票することもできます。

これまでMXCでは数多くのIEOを成功させており、ユーザーにその都度先行利益をもたらしてきました。

近年はIEOが追い風になっていることもあり、IEOの参加を目的にMXCを利用する日本人が増えているんですね。

メリット2. 取り扱い通貨が豊富

MXCでは600種類以上の通貨を取り扱っているため、主要通貨はもちろん、国内取引所では買えない通貨も手に入れることが可能です。

一般的に「海外取引所=取り扱い通貨が豊富」というイメージもありますが、MXCの通貨数は海外取引所の中でもトップクラス

以下は、人気取引所との比較になります。

取引所 取り扱い通貨
MXC 600種類以上
BINANCE 260種類
bybit 8種類
OKEx 100種類以上

このようにMXCは、世界トップクラスの人気を誇るBINANCEよりも豊富な通貨を取り扱っているんですね。

メリット3. 取引の種類が豊富

MXCは取り扱い通貨だけではなく、取引の種類も豊富です。

MXCで利用できる取引には

  • 現物取引
  • 証拠金取引(マージン)
  • 先物取引
  • レバレッジトークン
  • 仮想通貨購入
  • OTC
  • マイニングプール
  • ステーキング
  • ホールディング
  • スロットオークション
  • IEO など

などがあり、初心者から上級者まで楽しむことができます。

現物、仮想通貨FXしか利用できない国内取引所と比べると、利益を生み出せる可能性が大幅に広がりますよね。

また、海外取引所においてもこれだけの取引を扱っているところはそうそうなく、BINANCEかMXCかといったところです。

取引所 取引の種類
MXC
  • 現物取引
  • 証拠金取引(マージン)
  • 先物取引
  • レバレッジトークン
  • 仮想通貨購入
  • OTC
  • マイニングプール
  • ステーキング
  • ホールディング
  • スロットオークション
  • IEO など
BINANCE
  • 現物
  • 証拠金取引(マージン)
  • 先物取引
  • OTC
  • P2P
  • レバレッジトークン
  • ステーキング
  • 仮想通貨購入
  • 株式トークン
  • セービング
  • マイニングプール
  • NFT
  • 仮想通貨ローン など
bybit
  • 現物
  • 先物
OKEx
  • 現物取引
  • 先物取引
  • パーペチュアルスワップ
  • オプション取引
  • 通貨購入

メリット4. 独自トークンを発行している

MXCでは独自トークンの「MX」を発行しています。

独自トークンを発行している取引所は多いですが、MXCではMXの保有数に応じて配当を受けることができるんです。

具体的には、ユーザーから徴収した取引手数料の60%がMX保有者に還元されることになります。

結果として、MXを保有することで取引手数料を安くすることができるんですね!

また、MXを保有することでIEOにも参加できるので、MXCユーザーには必須のトークンといえるでしょう。

メリット5. 日本語に対応している

公式サイトを見て気付いた方も多いと思いますが、MXCは日本語対応です。

若干不自然な日本語で表記されている部分もありますが、日本人であればきちんと理解できるレベル。

そのため、英語が苦手な人も安心して利用することができます。

また、MXCは取引画面が見やすいと評判で、仮想通貨初心者でも迷わず操作することが可能です。

口座開設をはじめ、入出金や取引方法においても国内取引所とほとんど同じなので、もはや海外取引所という感覚がありません。

MXC登録海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の登録・口座開設方法

ハイリスクを嫌う日本人に人気のレバレッジトークン

<イラスト>ハイリスクを嫌う日本人に人気のレバレッジトークン

ここまで日本人がMXCを使うメリットをご紹介してきましたが、実はもう一つ大きなメリットがあるんです。

それが、レバレッジトークン

レバレッジトークンとは、現物資産に対してレバレッジをかけた取引のことで、ロスカットがないのが最大の魅力です。

通常、レバレッジを利用する場合は先物取引をする必要があるため、損失が一定の割合を超えると強制ロスカットになります。

しかし、レバレッジトークンはあくまでも現物取引なので、レバレッジがきいていたとしてもロスカットになることはありません。

これこそ、ハイリスクを嫌う日本人には最適の取引といえますよね!

また、MXCのレバレッジトークンは通貨ペアが豊富なほか、実質両建てが可能です。

レバレッジトークン

このようにロングとショートがあるので、両方のポジションを持つことでより利益が出やすくなります。

MXC入金海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の入金方法を徹底解説!

海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)を日本人が使う際の注意点

<イラスト>海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)を日本人が使う際の注意点

日本人にとってメリットが多いMXCですが、やや注意が必要な点もあります。

人によっては他社の方がお得だったりするので、以下の3点を理解したうえで利用するのが安心です。

日本人が使う際の注意点
  1. 手数料が割高
  2. FAQや問い合わせは日本語に対応していない
  3. 基軸通貨が仮想通貨

注意1. 手数料が割高

MXCの取引手数料は一律0.2%とやや割高です。

独自トークンであるMXを保有していれば配当が受けられるため、手数料を安くすることができます。

しかし、MXを保有していない場合は取引ごとに0.2%が差し引かれるので、手数料の安い取引所を利用した方がお得です。

ちなみに、MXCで発生する手数料は取引手数料、出金手数料、資金調達率の3種類で、出金手数料は通貨によって異なります。

MXC手数料海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の手数料を徹底解説!

注意2. FAQや問い合わせは日本語に対応していない

MXCは日本語に対応しているといえども、すべてのページではありません。

わからないことを確認できるFAQや、困ったときのカスタマーサポートは、すべて英語対応になります。

そのため、取引以外のサービスを利用する際にはある程度の英語力、もしくは翻訳アプリが必要です。

海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)を日本人が使うメリットまとめ

<イラスト>海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)を日本人が使うメリットまとめ

MXCはIEOに参加できる数少ない取引所であるとともに、国内取引所にはない魅力がたくさんあります。

なかでも日本人に人気なのが、ロスカットのリスクがないレバレッジトークンです。

MXCのレバレッジトークンは通貨ペアが豊富なうえ、実質両建てができるという優れもの。

一般的には両建てを禁止している取引所がほとんどなので、MXCのレバレッジトークンは稼ぎやすいといえるでしょう。

ただし、手数料が割高であったり、一部日本語に対応していないサービスがあったりするので、これらのデメリットを理解したうえで利用するのが安心です。

MXCを日本人が使うメリットおさらい
  • MXCはIEOに参加できる数少ない取引所
  • 取り扱い通貨・取引の種類がともに豊富
  • 独自トークンを保有すると配当が受けられる
  • 日本語対応なので英語が苦手な日本人でも安心!
  • 実質両建てができるレバレッジトークンも大きな魅力
  • ただし、手数料が割高なうえ日本語対応していないサービスもあるので注意が必要

MXC(エムエックスシー)の公式サイトはこちら

MXC(エムエックスシー)の登録はこちら