BitMEX(ビットメックス)の使い方完全ガイド!

SHARE

BitMEX(ビットメックス)の使い方完全ガイド!

BitMEXを使ってみたいけど、使い方がよくわからない…
BitMEXって初心者でも簡単に使えるの?

なんてお考えではありませんか?

BitMEXは、最大100倍のレバレッジが利用できる仮想通貨FXに特化した海外取引所です。

そのため「ちょっとハードルが高いかも…」と思うかもしれませんが、実は初心者でも簡単に取引することができるんです!

そこで今回は、BitMEXのルールや具体的な使い方についてご紹介したいと思います。

画面付きで解説するので、この記事を読めばスムーズにBitMEXで取引を始めることができますよ!

ざっくり言うと
  • BitMEXは、仮想通貨FX初心者でも手軽に取引が始められる
  • 日本語対応なので、英語が苦手な人でも安心
  • 取引画面が使いやすく、自由度もかなり高め
  • 豊富なインジケーターも大きな魅力
  • ただし、「Funding」と呼ばれるスワップ手数料に要注意
  • レバレッジが100倍なのはビットコインのみ
  • 入出金や取引の流れは国内取引所とほぼ同じ!

BitMEXの公式サイトはこちら

BitMEXの登録はこちら

BitMEX(ビットメックス)への入金方法

ビットメックス_使い方_入金
さっそく、BitMEXへの入金方法を紹介していきます。

まだBitMEXの登録が済んでいない人は、まずこちらの記事を参考にしながら登録を済ませましょう。

BitMEX(ビットメックス)の登録方法と使い方【日本語対応】ビットコインFXなら外せない海外取引所~
STEP.1
アカウントを開く

ログイン後、左上のメニューから「アカウント」をクリック。
STEP.2
入金を開く

BitMex口座内の資産状況が表示されます。

左のメニューから「入金」をクリック。

STEP.3
ウォレットアドレスが表示

ビットコインのウォレットアドレスが表示されますので、他の取引所等からビットコイン(BTC)をこのアドレス宛に送金すればOKです。

ビットコインキャッシュなどの別の仮想通貨を送金すると紛失してしまうので注意しましょう。

ちなみに、最小入金数量は0.0001XBT(10000Satoshi)です。

注意

BitMEXは日本円入金に対応していないため、まずは国内取引所で仮想通貨を購入し、その仮想通貨をBitMEXへ送金する必要があります。

国内取引所はCoincheck(コインチェック)がおすすめ

BitMEXのビーユーザーであれば、誰も悩みがちな、高い入金手数料ですが、マネックスの参加に入り再構したとして有名なCoincheckを使えば、日本円からビットコインなどの送金する通貨を購入する手数料は無料、送金手数料が格安です。

国内での仮想通貨の購入を急いでいたり国内での仮想通貨取引に手間をかけたくなければGMOコインもおすすめです。

ビットメックスで効率的にお得に仮想通貨を行う為に国内取引所もしっかり選ぶことが大切です。

おすすめの国内取引所はこちらからチェック!!
BitMEX_使い方_国内取引所ランキング

おすすめ国内取引所はこちらから

BitMEX(ビットメックス)取引画面

BitMEX_使い方_取引画面

実際の取引方法を紹介する前に、BitMEXの取引画面について解説したいと思います。

一見ごちゃごちゃしているようにも見えますが、細かく見ていくと非常に使いやすいつくりになっているので、ぜひ参考にしてみてください!


取引画面へは左上のメニューから「取引」をクリックします。

取引画面はスクロールしなくても見える位置に必要な情報が集約されており非常に見やすく使いやすい構成です。

①注文
注文はここから出します。
②レバレッジ設定
最大100倍までのレバレッジが可能ですが、手動で1倍~100倍まで調節もできます。
③契約の詳細
先物契約の期限日やビットコイン無期限の場合はスワップ手数料(Funding)の期限や手数料率などが表示されています。
④通貨ペアの切り替え
ビットコインだけでなく、イーサリアムやライトコインなどのアルトコインでもFXができます。
⑤売り板 / 買い板
他のユーザーの注文がめまぐるしく入っている板です。
⑥価格チャート
使い切れないほど多くの機能がついているチャートです。
⑦デプスチャート
売りと買いの数量をビジュアルでつかみやすいデプスチャートです。
⑧歩み値
全体の約定履歴です。
⑨自分のポジション、アクティブな注文、約定・注文履歴など
保有中のポジション、決済済みのポジション、アクティブな注文、約定履歴など、自分の取引の履歴が表示されています。

カスタマイズの自由度はかなり高い

各パネルは自由に表示・非表示を切り替えたり、ドラッグで配置や大きさも変更できます。

各パネルの右下部分をドラッグすれば大きさを自由に変更できます。

各パネルの上部バー部分をドラッグすれば好きな場所に配置を変更できます。

カスタマイズした設定は自動的に保存されるので、次回からはカスタマイズ後の画面で表示されます。

右上のメールアドレスが表示されている部分をクリックすると、「通貨表示」「カラーテーマ」「ダッシュボードのレイアウト」などの主なオプションのメニューが表示されます。

「リセット」をクリックすればカスタマイズした設定が初期設定に戻ります。

カラーテーマをナイトモードに変更できます。

レイアウトをアドバンストに変更すれば、ベーシックのパネルに追加して「証拠金」「商品」の情報パネルも表示されます。

このようにBitMexの取引画面はカスタマイズの自由度がかなり高いので、自身で使いやすい形にできかなり使い勝手が良いです。

高機能なチャートでテクニカル分析もバッチリ!

BitMEXのチャートは世界中の多くの取引所で採用されている高機能チャート「TradingView」です。

非常に多機能で様々なテクニカル分析ができようになっています。

左側に「ライン引きツール」「フィボナッチツール」など多くの描画ツールが並んでいます。

チャート上部にもメニューが並んでいます。

非常に多くの時間足での表示が可能です。

1分、3分、5分、15分、30分
1時間、2時間、3時間、4時間、6時間、12時間
1日、3日、1週間、2週間、1ヶ月

使えるインジケーターが多彩


チャート上部のグラフアイコンをクリックすれば、テクニカル分析用のインジケーターを選ぶことができます。

表示できるインジケーターの数はなんと76種類もあります。

まあ実際使うインジケーターは数種類でしょうから多ければ良いというわけではないですが、これだけあればお気に入りのインジケーターは必ず見つかるでしょう。

  • AD
  • Accumulative Swing Index
  • Average Directional Index
  • Connors RSI
  • EMA Cross
  • Hull 移動平均
  • MA with EMA Cross
  • MACD
  • McGinleyダイナミクス
  • Moving Average Channel
  • Price Channel
  • RSI
  • RVI 相対的活力指数
  • SMIエルゴディック 指数/オシレーター
  • TRIX
  • VWMA
  • アーノルド・レガックス移動平均
  • アーロン
  • ウィリアムズ・アリゲーター
  • ウィリアム・%R
  • ウィリアム・フラクタル
  • エルダーのフォース指数
  • エンベローブ
  • オン・バランス・ボリューム
  • オーサム・インジケーター・オシレーター
  • クリンガーオシレーター
  • ケルトナーチャネル
  • コポック曲線
  • シャンデクロールストップ
  • シャンデ・モーメンタムオシレーター
  • ジグザグ
  • ストキャスティクス
  • ストキャスティクス RSI
  • スムース・移動平均線
  • チャイキン・オシレーター
  • チャイキン・マネー・フロー
  • チャブゾーン
  • チョピネス・インデックス
  • トリプル EMA
  • トレンド除去価格オシレーター(DPO)
  • ドンチャンチャネル
  • ネット出来高
  • ノウンシュアティング
  • バランスオブパワー
  • パラボリックSAR
  • フィッシャー変換
  • プライスオシレーター
  • プライス出来高トレンド
  • ボラタリティ履歴
  • ボリンジャーバンド
  • ボリンジャーバンド %B
  • ボリンジャーバンド幅
  • ボーテックス・インディケーター
  • マス・インデックス
  • マネーフロー
  • ムーブメント Ease
  • モーメンタム
  • 一目雲
  • 出来高
  • 出来高オシレーター
  • 加重移動平均
  • 商品チャンネル指数
  • 変化率
  • 平均トゥルー・レンジ
  • 指数移動平均
  • 方向性指数 DMI
  • 最小二重法移動平均
  • 相対ボラテリティ指数
  • 真力指数
  • 移動平均線
  • 移動平均線の交差
  • 究極オシレーター
  • 線形回帰曲線
  • 補正係数
  • 騰落ライン
  • 2重EMA

BitMEX(ビットメックス)の基本的なルール

BitMEX_使い方_ルール
「それでは早速ビットコインFXを始めてみましょう!」と言いたいところですが、その前に少々独特ともいえるBitMexの取引ルールや仕組みをしっかり把握しておきましょう。

取引手数料について

BitMexの取引手数料は以下表のとおりです。

通貨 メイカー テイカー 決済料
ビットコイン(XBT) – 0.025% 0.075% 先物のみ:0.05%
ビットコインキャッシュ(BCH) – 0.05% 0.025% なし
EOSトークン(EOS) – 0.05% 0.025% なし
カルダノ(ADA) – 0.05% 0.025% なし
トロン(TRX) – 0.05% 0.025% なし
ライトコイン(LTC) – 0.05% 0.025% なし
リップル(XRP) – 0.05% 0.025% なし

ビットコイン以外のアルトコインは手数料体系が同じです。

またビットコインの期限付きの先物契約では、期限が来ても未処理となっているポジションがあると決済料金0.05%が必要です。

メイカー手数料はマイナスとなっており、手数料を支払うのではなく、反対に受け取ることができます。

手数料はレバレッジがかかった金額に対してかかってくるので、100倍などのハイレバレッジだと手数料もバカにならない金額になってくるので注意しましょう。

たとえば、証拠金に0.01XBTを入れて、1XBT分取引したとします(レバレッジ100倍)。

テイカーだと1XBT × 0.075% =0.00075XBT必要になります。

決済もテイカーだとさらに0.075%必要です。

つまりレバレッジ100倍だと往復で実質15%の手数料がかかることになります。

メイカーだと反対に受け取ることができるので、極力テイカーでは取引せずメイカーになるようにしましょう。

Funding手数料(スワップ手数料)に注意

ビットコインの無期限契約のみ「Funding(ファンディング:資金調達)」と呼ばれるスワップ手数料が必要となります。

ファンディング手数料は保有ポジションに対して「-0.375%~0.375%」の料率で、8時間ごとに発生します。

日本時間で5:00、13:00、21:00の1日3回です。

つまり、この時間にポジションを持っていると手数料が発生するということ。

保有ポジションが「ロング」「ショート」か、そのときのファンディング手数料がプラスかマイナスかによって、ファンディングを受け取るか支払うかが変わります。

ポジション/レート プラス マイナス
ロング 支払う 受け取る
ショート 受け取る 支払う

レバレッジについて

最大100倍のレバレッジを設定できるのはビットコインのみです。

ライトコインが33.33倍、他のアルトコインは20倍となっています。

通貨 最大レバレッジ
ビットコイン(XBT) 100倍
ビットコインキャッシュ(BCH) 20倍
EOSトークン(EOS) 20倍
カルダノ(ADA) 20倍
トロン(TRX) 20倍
ライトコイン(LTC) 33.33倍
リップル(XRP) 20倍

クロスマージンと分離マージン

BitMexのレバレッジ設定には「クロスマージン」「分離マージン」があります。

初期設定ではクロスマージンとなっていて、レバレッジは最大値(XBTの場合は100倍)となります。

分離マージンでは1倍~最大値(XBTでは100倍)まで手動で調節ができます。

クロスマージンはBitMexの口座に入金しているビットコイン全額を証拠金として使う方法で、分離マージンは設定したレバレッジに必要な証拠金のみを割り当てる方法です。

たとえば、BitMexの口座に1XBT入金していて、20XBTの買いポジションを持ったとします。

レバレッジ100倍の場合、このとき必要な最小証拠金は0.2XBTです。

クロスマージンだと口座内の1XBTすべてを証拠金とするので、証拠金維持率は500%からスタートします。

分離マージン(100倍)の場合、1XBT全額ではなくそのうち最低必要な0.2XBTを証拠金として使うので証拠金維持率は100%となります。(証拠金の金額は手動で増減が可能。)

クロスマージンは証拠金維持率を高くしてロスカットを遅らせることができますが、自分できっちり損切りしないとロスカットされた場合には入金しているXBTのほぼ全てを失います。

分離マージンはロスカットされたとしても証拠金として使っていない分は残ります。

ロスカットについて

XBTの場合、証拠金維持率が0.5%を割り込むと強制的にポジションを決済(ロスカット)されます。

ただし保有ポジションの数量によって、必要な証拠金維持率は変わってきます。(100XBTごとに、0.5%ずつアップ。)

ポジションサイズ ロスカットライン
200XBT以下 0.5%
300XBT以下 1.0%
400XBT以下 1.5%
500XBT以下 2.0%

アルトコインの場合は下記表の通りです。

通貨 ポジションサイズ ロスカットライン 備考
XRP 50XBT 2.5% 50XBTごとに2.5%ずつアップ
BCH 50XBT 2.5% 50XBTごとに2.5%ずつアップ
ADA 50XBT 2.5% 50XBTごとに2.5%ずつアップ
EOS 50XBT 2.5% 50XBTごとに2.5%ずつアップ
TRX 50XBT 2.5% 50XBTごとに2.5%ずつアップ
ETH 50XBT 1.0% 50XBTごとに1.0%ずつアップ
LTC 50XBT 1.5% 50XBTごとに1.5%ずつアップ

注文の種類について

BitMEXでは主に5種類の注文方法があります。

これらをうまく使いこなせばよりお得に取引ができますので、少しずつ覚えていくと良いでしょう。

指値注文
価格を指定する注文方法です。
買い注文の場合は指定した価格よりも安くなったら買い、売り注文の場合は指定した価格よりも高くなったら売ります。
成行注文
価格を指定せずそのときの相場価格で売買する注文方法です。
ストップ成行・ストップ指値
買い注文の場合、指定したストップ価格より高くなったら、売りの場合、ストップ価格よりも安くなったら、成行か指値の注文を発動させます。
主に既に持っているポジションの損切りに使います。
トレーリングストップ
指値は価格を指定する注文方法ですが、トレイリングストップは価格の上がり幅・下がり幅を指定する注文方法です。
指定したトレイル値以上の価格変動があった場合に、成行注文が執行されます。
利食い成行・利食い指値
既に持っているポジションの利確に使います。
買いの場合、指定したトリガ価格よりも価格が安くなったら、売りの場合、トリガ価格よりも高くなったら、成行か指値の注文を発動させます。

BitMEX(ビットメックス)の取引方法

BitMEX_使い方_購入手順
ここからは、実際の取引の手順を解説していきます。

今回は、最大100倍レバレッジが可能な「XBT / USD(無期限)」の取引手順についてみていきましょう。

出典: https://www.bitmex.com/

BitMEXの公式サイトはこちら

BitMEXの登録はこちら

STEP.1
XBT無期限契約を選ぶ

「取引画面」を開き、上部メニューから「ビットコイン(XBT)」を開きます。

初期では「無期限(100X)」が選択されていると思いますが、もし違う期限の画面になっていれば「無期限(100X)」をクリックします。

STEP.2
指値で買い注文をいれる

すぐに約定させたいなら「成行注文」ですが、その場合テイカー手数料がかかります。

なので、基本はメイカーになるように「指値」で注文するようにしましょう。

また確実にメイカーになるように「Post-Only」にチェックも入れておきましょう。

こうしておけば確実にオーダーブックに注文を載せることができメイカー手数料を受け取れます。

ちなみに注文数量はXBTではなくUSDで指定します。

1000と入力すれば1000ドル分のXBTを購入するということです。

ちょっとややこしいですが慣れましょう。

購入するXBTの数量は「注文価額」の欄に反映されます。

STEP.3
確認画面

確認画面が表示されます。

レバレッジや割り当てる証拠金額は注文後でも変更できます。

「注文価額」は購入するビットコインの数量です。

コスト@100倍はレバレッジと必要な証拠金。

利用可能残高は口座内に入金しているビットコイン全額。

執行後のポジションサイズは、この図だと1000ドル分のXBTを持っていることになります。

マーク価格はBitMexが独自に設定している価格で、相場急変時にはロスカットの基準価格に使われます。

推定精算価格はこの価格まで行ったらロスカットされるという予測価格です。

内容を確認して「買い」をクリック。

STEP.4
約定を待つ

※画像クリックで拡大します。

取引履歴の「アクティブな注文」に掲載されます。

約定する前なら注文のキャンセルも可能です。

STEP.5
ポジションで動向をチェック

※画像クリックで拡大します。

約定すれば「ポジション」に掲載されます。

ポジションサイズや精算価格(ロスカット価格)、証拠金、損益(ROE%)などが表示されているので、ポジションを持っている時は動向に注意しておきましょう。

BitMEX(ビットメックス)の決済方法

ビットメックス_使い方_ポジション_決済
BitMEXでは複数のポジションを持つことはできません。

たとえば1000ドル分の買いポジションを持っている際に、さらに1000ドル分の買い注文をした場合、ひとつにまとまり2000ドル分の買いポジションとなります。

反対に1000ドル分の売り注文をすればポジションは0となり、500ドル分の売り注文なら500ドル分の買いポジションとなります。

ですので、決済時はポジションを持つとき同様に注文パネルで反対売買をすればOKです。

BitMEX(ビットメックス)の出金方法

ビットメックス_使い方_出金方法
BitMexではセキュリティ上の理由により出金処理は1日1回のみとなっています。

13:00 協定世界時(日本時間22:00)までに出金申請をすればその日に処理されます。

STEP.1
アカウントを開く

上部メニューから「アカウント」をクリック。
STEP.2
出金画面を開く

アカウント画面で左メニューから「出金」をクリック。
STEP.3
出金内容を入力

「宛先アドレス」には出金先のウォレットアドレス、金額(XBT)には出金数量を入力します。

ビットコインネットワーク料金は最低0.0002以上必要です。

内容を確認して「送信する」をクリック。

BitMEX(ビットメックス)の注意点

BitMEX-使い方-注意

ここでは、BitMEXを利用するにあたっての注意点をまとめてみました。

主な注意点は2つで、特に初心者にとってはネックになる部分だと思いますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

BitMEXの注意点
  • 注意1:日本円入金に対応していない
  • 注意2:現物取引ができない

注意1:日本円入金に対応していない

BitMEXは日本円を入金することができません。

そのため、すでに仮想通貨を保有している人は良いですが、今回初めて仮想通貨を購入するという人は、まず国内取引所の登録が必要です。

今回初めて仮想通貨を購入する場合
  1. 国内取引所の登録
  2. 国内取引所へ日本円を入金
  3. 仮想通貨を購入
  4. BitMEXの登録
  5. 購入した仮想通貨をBitMEXへ送金

特にむずかしいことはありませんが、国内取引所を経由する分手間にはなります。

注意2:現物取引ができない

BitMEXは仮想通貨FXに特化した取引所なので、現物取引が利用できません。

つまり、最初に証拠金を預ける信用取引のみということです。

そのため、「まずは現物取引から慣れていこう」と考えている場合は、他の取引所を利用するようにしましょう。

また、現物取引に比べ仮想通貨FXはリスクも高めになりますので、初心者は慎重に取引する必要があります。

さっそくBitMEX(ビットメックス)で取引をはじめよう!

BitMEX_使い方_まとめ
今回はBitMEXの使い方について解説しました。

初心者のうちはいきなりクロスマージン&レバレッジ100倍で取引するようなことはせず、まずは分離マージンでレバレッジ2~3倍くらいで、少額から始めてみましょう。

また、BitMexにはデモ口座もあり、架空のビットコインを使って取引の練習もできるので、こちらでBitMexの使い方をしっかりマスターしてから始めるのもおすすめです。

仮想通貨取引は“慣れ”が重要ですので、早くからBitMEXに慣れて、本格的なトレードをできるようになりましょう!

BitMEXの公式サイトはこちら

BitMEXの登録はこちら