海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の登録・口座開設方法

MXC登録

SHARE

海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の登録・口座開設方法

おすすめ海外取引所ランキング
評価項目 1位 2位 3位
レバレッジ BINANCE★★★★★ bybit★★★★☆ MXC★★★★☆
スプレッド bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ MXC★★★☆☆
手数料 bybit★★★★★ BINANCE★★★☆☆ MXC★★★☆☆
サーバー bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ MXC★★★☆☆
日本語対応 bybit★★★★★ BINANCE★★★★★ MXC★★★☆☆
最近話題になってるMXCって、どんな取引所なの?
MXCは初心者でも気軽に登録できる?

なんてお考えではありませんか?

MXCは2018年に誕生した取引所で、IEO取引所として知られています。

仮想通貨初心者にとってはあまり馴染みがないかもしれませんが、世界的には200万人以上のユーザーを抱える人気取引所です。

そして、MXCの魅力はなんといってもIEOに参加できること!

IEOに参加できる取引所はたくさんありますが、そのなかでもMXCは特に使いやすいと評判なんです。

また、日本語にも対応しているので、私たち日本人には最適な取引所だといえます。

そこで今回は、MXCの登録・口座開設方法について解説していきます。

この記事を読めば、初心者でも正しく登録・口座開設ができますよ!

ざっくり言うと
  • MXCはシンガポールに拠点を構えるIEO取引所
  • さまざまな取引が利用できるほか、DeFiも幅広く取り扱っている
  • 取り扱い通貨は600種類以上
  • 取引手数料は一律0.2%とやや割高
  • 日本語対応なので英語が苦手な人も安心
  • 定期的にエアドロップを実施しているのも大きな魅力
  • 登録・口座開設はとっても簡単!

MXC(エムエックスシー)の公式サイトはこちら

MXC(エムエックスシー)の登録はこちら

海外仮想通貨取引所MXCの概要

<イラスト>MXCの概要

MXCはシンガポールに拠点を構える、中国系の仮想通貨取引所です。

海外取引所は何かと不安を感じやすいですが、MXCはスイス、カナダ、オーストラリア、アメリカなど5ヵ国のコンプライアンスに適応。

つまり、安全性・信頼性ともに高く評価されている取引所なんですね。

また、さまざまな取引を利用できるのも大きな魅力で、最近話題となっているDeFiも幅広く取り扱っています。

もちろん現物取引も利用できるので、初心者から上級者まで幅広い層に人気です。

MXCの概要
設立 2018年
所在地 シンガポール
取引の種類 現物・マージン・先物・P2P・ETF・スワップ・DeFi
取扱通貨 600種類以上
取引手数料 一律0.2%
日本語対応
公式アプリ

海外仮想通貨取引所MXC5つの特徴

<イラスト>MXCの特徴

MXCにはさまざまな魅力がありますが、主な特徴は以下の5つです。

MXCの特徴
  1. 日本語に対応している
  2. IEOに参加できる
  3. 独自トークンを発行している
  4. 定期的にエアドロップを実施している
  5. 5ヵ国のコンプライアンスに適応

特徴1.日本語に対応している

私たち日本人が海外取引所を利用する際、必ずといって良いほど気になるのが言語ですよね。

MXCは日本語に対応しているので、英語が苦手な人でも安心して利用することが可能です。

最初は英語表記になっていますが、画面右上の「言語マーク」をクリックすれば、ちゃんと日本語に設定できます。

MXC日本語

ただし、日本語表記に対応しているのは一部のページのみです。

FAQやカスタマーサポートも英語対応になるので、必要であれば通訳アプリなどを活用するのもおすすめです。

特徴2. 取引手数料が一律0.2%

MXCでは入金手数料が無料で、取引手数料については一律0.2%になります。

取引量に応じた割引制度などもないため、他の取引所と比べるとやや割高だといえるでしょう。

また、出金手数料は通貨によって異なるので、事前に確認をしておきましょう。

参考までに、以下は主要通貨の手数料です。

主要通貨 入金手数料 取引手数料 出金手数料
BTC 無料 0.2% 0.0005 BTC
ETH 0.03 ETH
XRP 0.1 XRP
EOS 0.1 EOS
BCH 0.001 BCH
LTC 0.001 LTC
ETC 0.01 ETC

特徴3. 独自トークンを発行している

MXCでは、独自トークンの「MX」を発行しています。

MXを保有しているとIEOの上場通貨を投票できるほか、投票した通貨が上場されれば50%オフで購入することが可能です。

また、IEOの参加権が得られたり、取引所収益の一部配当金を受けられたりと、MXCを利用するならMXの保有は必須といえるでしょう。

MXは将来的に価格が上がると期待されているので、価格が上がるまでガチホするのもおすすめです。

特徴4. 定期的にエアドロップを実施している

エアドロップとは、仮想通貨やトークンが無料でもらえるイベントのことです。

MXCではエアドロップを定期的に実施しており、マイナーコインはもちろん、ビットコインイーサリアムといった主要通貨がもらえることもあります。

ユーザーにとってはノーリスクで仮想通貨をゲットできるチャンスなので、エアドロップ目当てで利用するユーザーも少なくありません。

特徴5. 5ヵ国のコンプライアンスに適応

MXCは、設立以来スイス、カナダ、オーストラリア、アメリカなど5ヵ国のコンプライアンスライセンスを申請しており、安全性の高い取引所としても有名です。

また、セキュリティに関しても世界トップクラスの技術チームを結成しているほか、世界のセキュリティ機関とも綿密に連携を取っているため、安心して取引を楽しむことができます。

もちろん2段階認証も採用しているので、第三者による不正ログインもしっかり予防できますよ!

MXC日本人海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)を日本人が使うメリット

海外仮想通貨取引所MXCの登録・口座開設に必要なもの

<イラスト>MXCの登録・口座開設に必要なもの

MXCの登録はとってもシンプルで、登録に必要なものも

メールアドレスのみ

となっています。

ただし、セキュリティ設定では携帯電話番号が、本人確認では本人確認書類が必要になるので、これら3種類が揃っているのが理想的。

セキュリティ設定や本人確認は任意になるので、自分の使い方に合わせて必要なものを用意すると良いでしょう。

海外仮想通貨取引所MXCの登録・口座開設方法

<イラスト>MXCの登録・口座開設方法

MXCは日本語表記に対応しているほか、難しい操作が一切ないので、初心者でも手軽に登録することができます。

登録はメールアドレスもしくは携帯電話番号のどちらでも可能です。

今回は、メールアドレスで登録する手順をご紹介します。

STEP.1
公式サイトへアクセス

MXC登録1

MXCの公式サイトへアクセスし、画面右上にある「サインアップ」をクリックします。

STEP.2
メールアドレスもしくは電話番号の入力

MXC登録2

メールアドレスパスワード(2ヵ所)を入力し、「クリックしてゲットします」をクリック。

すると入力したメールアドレス宛に認証コードが届くので、本文に記載されている6桁の数字を「メールアドレス検証コード」の部分に入力します。

MXC登録3

あとは利用規約の同意にチェックを入れ「登録」をクリックすればOKです。

STEP.3
ログイン

MXC登録4

登録が完了するとログイン画面が表示されるので、「メールでログイン」を選択。

メールアドレスパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

STEP.4
認証コードの入力

MXC登録5

「クリックしてゲットします」をクリックし、メールで届いた認証コードを「メールアドレス検証コード」の部分に入力します。

最後に「検証し、ログインしてください」をクリックしてログインしましょう。

海外仮想通貨取引所MXCのセキュリティ設定

<イラスト>海外仮想通貨取引所MXCのセキュリティ設定

MXCで安全に取引するためにも、登録後はそのままセキュリティ設定を行いましょう。

MXCで設定できるセキュリティ設定は以下の2種類です。

MXCのセキュリティ設定
  1. 2段階認証設定
  2. SMS認証設定

どちらか一方でも良いですが、両方設定した方が安全性は高くなります。

2段階認証設定

STEP.1
ポップアップの確認

MXC2段階1

MXCへログインするとこのような画面が表示されるので、そのまま「Do it now」をクリックします。

STEP.2
設定画面の表示

MXC2段階2

MXCの利用手順が出てきたら、どこでも良いので「緑色の文字」をクリックしてください。

STEP.3
Google認証画面の表示

MXC2段階3

するとユーザーセンター画面が表示されるので、Google検証の部分にある「立ち上げてください」をクリックします。

STEP.4
QRコードの読み取り

MXC2段階4

MXCでは、2段階認証アプリにGoogle Authenticatorを推奨しています。

そのため、アプリをインストールしていない人はこのタイミングでGoogle Authenticatorをインストールしてください。

Google Authenticatorをインストールしたらアプリを開き、表示されているQRコードを読み取ります。

また、QRコードの隣にある「キー」は、なんらかの理由でアプリが使えなくなった際に必要になるので、忘れないように控えておきましょう。

STEP.5
認証コードの入力

MXC2段階5

画面を下へスクロールしログインパスワードメール認証コードGoogle認証コードをそれぞれ入力します。

最後に「バインディング」をクリックすれば設定完了です。

SMS認証設定

STEP.1
SMS認証画面の表示

MXC SMS1

ユーザーセンター画面を開き、携帯と紐づくの部分にある「製本」をクリックします。

STEP.2
電話番号の入力

MXC SMS2

国番号(+81)携帯電話番号を入力したら、「直ちにゲットします」をクリックしてください。

すると入力した携帯電話番号宛にSMSが届くので、本文に記載されている6桁の数字を「SMS検証コード」の部分に入力します。

あとはGoogle認証コードを入力し、「スマホのバインティング」をクリックすれば設定完了です。

MXC入金海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の入金方法を徹底解説!

海外仮想通貨取引所MXCの本人確認

<イラスト>海外仮想通貨取引所MXCの本人確認

MXCの本人確認は任意になるため、本人確認をしなくても取引を始めることができます。

ただし、1日に0.7BTC以上出金する場合やIEOへの参加には本人確認が必須なので、必要に応じて済ませましょう。

STEP.1
本人確認画面の表示

ユーザーセンター画面を開き、身分認証の部分にある「認証」をクリックします。

STEP.2
使用する本人確認書類の選択

MXC 本人確認2

国籍氏名書類タイプ使用する本人確認書類の番号を入力します。

MXC 本人確認3

ちなみに、本人確認で使用できるのは免許証・パスポート・その他写真付きの身分証明証になります。

STEP.3
画像のアップロード

MXC 本人確認4

選択した本人確認書類の画像をアップロードします。

アップロードが必要なのは書類の正面裏面セルフィー画像の3種類です。

それぞれ本人確認書類の文字がはっきり見えるように撮影し、アップロードを行ってください。

最後に「Submit」をクリック。

STEP.4

MXC 本人確認

ユーザーセンター画面の身分認証に「Primary KYC is under verification」と表示されればOKです。

あとはMXCからの承認メールを待ちましょう。

MXC使い方海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の使い方を徹底解説

海外仮想通貨取引所MXCの登録・口座開設方法まとめ

<イラスト>MXCの登録・口座開設方法まとめ

MXCは、IEOが利用できる日本語対応の取引所です。

IEOに参加できることはもちろん、さまざまな取引が利用できたり、独自トークンでお得になったりと、さまざまな魅力があります。

登録・口座開設も簡単にできるので、仮想通貨初心者でも十分使いこなすことができますよ

また、国内取引所では買えないレアな仮想通貨が豊富なのも、人気の秘訣といえるでしょう。

もちろん登録は無料なので、ぜひこの機会にMXCの使い心地を体感してみてください!

MXC登録・口座開設方法のおさらい
  • MXCはシンガポールに拠点を構えるIEO取引所
  • さまざまな取引が利用できるほか、DeFiも幅広く取り扱っている
  • 取り扱い通貨は600種類以上
  • 取引手数料は一律0.2%とやや割高
  • 日本語対応なので英語が苦手な人も安心
  • 定期的にエアドロップを実施しているのも大きな魅力
  • 登録・口座開設はとっても簡単!

MXC(エムエックスシー)の公式サイトはこちら

MXC(エムエックスシー)の登録はこちら