海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の安全性を徹底検証!

MXC安全性

SHARE

海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の安全性を徹底検証!

おすすめ海外取引所ランキング
評価項目 1位 2位 3位
レバレッジ BINANCE★★★★★ bybit★★★★☆ MXC★★★★☆
スプレッド bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ MXC★★★☆☆
手数料 bybit★★★★★ BINANCE★★★☆☆ MXC★★★☆☆
サーバー bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ MXC★★★☆☆
日本語対応 bybit★★★★★ BINANCE★★★★★ MXC★★★☆☆
MXCの安全性ってどうなの?
MXCの信頼度セキュリティ対策について教えてほしい!

なんてお考えではありませんか?

MXCはIEOを取扱う、世界的にも人気の高い取引所です。

日本語に対応していることもあり、近年では日本人ユーザーも増えてきました。

しかし、海外取引所となると安全性に疑問を抱く人も少なくありません。

仮想通貨取引においてはすべてのリスクが自己責任になるため、安全性の高い取引所を利用することが大切です。

そこで今回は、MXCの安全性とセキュリティ対策について開設します。

この記事を読めば、MXCの安全性を理解できるとともに、万全のセキュリティ設定で利用することができますよ!

ざっくり言うと
  • MXCの安全性と信頼性は世界的にも高い
  • MXCの信頼度を決定づける要素は主に5つ
  • 特にIEOに関しては世界一の投資額を誇っている
  • マルチクラスタシステムの採用で緊急時も安心
  • ユーザーにおけるセキュリティ対策も充実している
  • より安全性を高めるには全てのセキュリティ設定を済ませておくのがおすすめ

MXC(エムエックスシー)の公式サイトはこちら

MXC(エムエックスシー)の登録はこちら

MXC(エムエックスシー)とは

<イラスト>MXC(エムエックスシー)とは

MXCはシンガポールに拠点を構える、中国系の仮想通貨取引所です。

海外取引所は何かと不安を感じやすいですが、MXCはスイス、カナダ、オーストラリア、アメリカなど5ヵ国のコンプライアンスに適応。

つまり、安全性・信頼性ともに高く評価されている取引所なんですね。

また、さまざまな取引を利用できるのも大きな魅力で、最近話題となっているDeFiも幅広く取り扱っています。

もちろん現物取引も利用できるので、初心者から上級者まで幅広い層に人気です。

MXCの概要
設立 2018年
所在地 シンガポール
取引の種類 現物・マージン・先物・P2P・ETF・スワップ・DeFi
取扱通貨 600種類以上
取引手数料 一律0.2%
日本語対応
公式アプリ
MXC評判・口コミ海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の評判と口コミからわかるメリット・デメリット

MXC(エムエックスシー)の安全性と信頼性

<イラスト>MXC(エムエックスシー)の安全性と信頼性

結論からいうと、MXCは安全性・信頼性がともに高い取引所なので、日本人ユーザーも安心して利用することができます。

安全性における判断材料はさまざまですが、MXCの信頼度を決定づける要素は以下の5つです。

セキュリティ設定
  1. IEO投資資金が世界一
  2. 電子決済サービスの開発者が在籍している
  3. 日本企業とも提携している
  4. 取引量世界一の実績がある
  5. マルチクラスタシステムを採用

1. IEO投資資金が世界一

IEOとは「Initial Exchange Offering 」の略称で、プロジェクトが発行したトークンを取引所が先行販売するというサービスのこと。

IEOに参加すれば市場に出回る前の通貨を安価で購入できるほか、上場後に売却すれば利益を得ることができます。

そのため、IEOは多くの投資家たちに注目されているのです。

そんなIEOを展開している取引所はまだ少ないのが現状ですが、その中でも特にIEOに力を入れているのがMXCなんですね。

MXCはIEOへの投資額世界一を誇っており、取り扱っているトークンもかなり豊富。

また、トークンの上場スピードも世界最速という、徹底された体制が整っています。

2. 電子決済サービスの開発者が在籍している

MXCの開発チームには優秀な人材が多く在籍しており、セキュリティ部門においては、電子決済サービスで知られる「アリペイ」の元開発メンバーが活躍しています。

他にも、イーサリアムのマイニンググループ「GPUpool」の元開発メンバーや、マイニング用ソフトウェアの開発に造詣するメンバーなども集結し、セキュリティに強いシステムが構築されているんです。

MXCの開発陣はブロックチェーン業界やフィンテック業界で10年以上経験を積んでいるメンバーがほとんどなので、専門家によって安全性が確保されているといっても過言ではありません。

3. 日本企業とも提携している

2020年7月、MXCは日本企業のcanow 株式会社とも提携を結んでいます。

canowはトークンを活かしたデジタルマーケティングや、インキュベーション事業を展開している会社。

MXCが持つブロックチェーン業界における幅広いネットワークと、canowが持つ日本におけるネットワークを活かして、日本企業と中国マーケットを繋ごうという醍醐味です。

このようにMXCは取引所運営だけに留まらず、ブロックチェーン技術の開発海外マーケットへの進出にも積極的な姿勢を持っています。

4. 取引量世界一の実績がある

2018年の設立以降、MXCはIEOに力を入れた取引所として人気が高まり、一時期は取引量が世界一になった実績もあります。

当時に比べ現在はだいぶ落ち着きましたが、それでも「IEO=MXC」というイメージはしっかりと植えついています。

ちなみに、2021年5月時点の取引量は以下です。

現物

現物

デリバティブ

デリバティブ

5. マルチクラスタシステムを採用

MXCのプラットフォームにはマルチクラスタシステムが採用されているため、万が一障害や故障が起きてもシステムダウンのリスクがありません。

マルチクラスタシステムとは、簡単にいうと複数のコンピュータでシステム構築されているということ。

とはいえ、使用されているコンピュータは単体でも動作させることができるので、状況によって稼働を分散することができます。

また、コンピュータの数を増やせば、システム全体の性能も向上します。

つまり、MXCのプラットフォームは性能が高く、緊急時にも強いということです。

MXCジャスミー海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)にジャスミーコインが初上場!

MXC(エムエックスシー)のセキュリティ設定

<イラスト>MXC(エムエックスシー)のセキュリティ設定

MXCは取引所としての安全性だけでなく、ユーザーにおけるセキュリティ対策にも力を入れています。

MXCのセキュリティ対策は主に以下の3種類です。

いずれも簡単に設定ができるので、MXCを安全に利用するためにも、すべて設定しておくのがおすすめです!

セキュリティ設定
  1. SMS認証設定
  2. フィッシング対策コード設定
  3. Google認証設定

SMS認証設定

STEP.1
セキュリティ設定画面の表示

MXC(エムエックスシー)

MXCにログイン後、画面右上にあるアカウントマークをクリックし、出てきたメニューから「パーソナル設定」を選択します。

STEP.2
SMS認証を選択

SMS認証設定

「携帯と紐づく」の部分にある「設定」をクリックします。

STEP.3
携帯電話番号の入力

SMS認証設定2

SMS認証設定3

国番号、携帯電話番号を入力したら、それぞれの「直ちにゲットします」をクリックしてSMS認証コードメールアドレス認証コードを入力してください。

最後に「提出」をクリック。

フィッシング対策コード設定

STEP.1
セキュリティ設定画面の表示

MXC(エムエックスシー)

MXCにログイン後、画面右上にあるアカウントマークをクリックし、出てきたメニューから「パーソナル設定」を選択します。

STEP.2
フィッシング対策コードを選択

フィッシング対策コード設定

「フィッシング対策コード」の部分にある「設定」をクリック。

STEP.3
対策コードの入力

フィッシング対策コード設定2

するとこんな画面が表示されるので、画面下部に任意の対策コードを入力してください。

最後に「作成」をクリックします。

Google認証設定

STEP.1
セキュリティ設定画面の表示

MXC(エムエックスシー)

MXCにログイン後、画面右上にあるアカウントマークをクリックし、出てきたメニューから「パーソナル設定」を選択します。

STEP.2
Google検証の選択

2段階認証設定1

「Google検証」の部分にある「立ち上げてください」をクリック。

STEP.3
QRコードの読み取り

2段階認証設定3

MXCの二段階認証ではGoogle Authenticatorアプリを推奨しているので、スマートフォンにアプリをインストールします。

インストール後はGoogle Authenticatorアプリ開き、画面のQRコードを読み取ってください。

MEMO
QRコードの右に表示されているキーは、Google Authenticatorアプリが利用できなくなった際に必要になるので、必ず控えておいてください。
STEP.4
認証コードの入力

2段階認証設定

ログインパスワードを入力し、「直ちにゲットします」をクリックします。

するとSMSが届くので、本文に記載されているSMS認証コードと、Google Authenticatorアプリに表示されているGoogle認証コードを入力し、最後に「バインディング」をクリックしてください。

MXC本人確認海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の本人確認を徹底解説!

MXC(エムエックスシー)の安全性まとめ

<イラスト>MXC(エムエックスシー)の安全性まとめ

MXCは安全性・信頼性がともに高い取引所なので、日本人ユーザーも安心して利用することができます。

MXCの信頼度を決定づける要素は主に5つで、

  1. IEO投資資金が世界一
  2. 電子決済サービスの開発者が在籍している
  3. 日本企業とも提携している
  4. 取引量世界一の実績がある
  5. マルチクラスタシステムを採用

というのが安心と信頼を実現しているんですね!

また、ユーザーにおけるセキュリティ対策もしっかり完備されているので、仮想通貨取引を安全に楽しむためにも、セキュリティ設定はしっかりと済ませておきましょう。

MXCの安全性おさらい
  • MXCの安全性と信頼性は世界的にも高い
  • MXCの信頼度を決定づける要素は主に5つ
  • 特にIEOに関しては世界一の投資額を誇っている
  • マルチクラスタシステムの採用で緊急時も安心
  • ユーザーにおけるセキュリティ対策も充実している
  • より安全性を高めるには全てのセキュリティ設定を済ませておくのがおすすめ

MXC(エムエックスシー)の公式サイトはこちら

MXC(エムエックスシー)の登録はこちら