仮想通貨FX(ビットコインFX)追証なしの海外取引所を徹底解説!

仮想通貨FX-追証なし-アイキャッチ

SHARE

仮想通貨FX(ビットコインFX)追証なしの海外取引所を徹底解説!

仮想通貨FXをやってみたいけど、初心者でも安全に取引できる海外取引所はどこ?
仮想通貨FXなら追証なしの取引所がいい!

なんてお考えではありませんか?

仮想通貨FXは、証拠金を預けることで「買い」と「売り」両方の注文ができる取引方法です。

そのため価格が下がった時でも利益が得られ、効率的に取引することができます。

しかし、仮想通貨FXには追証があり、証拠金以外に余計なコストがかかってしまうのが一般的です。

そこで今回は、追証がない海外取引所や、追証がないメリット・デメリットについてご紹介します。

この記事を読めば、初心者も追証なして賢く取引を始めることができますよ!

ざっくり言うと
  • 追証とは追加証拠金のこと
  • 損失が一定以上になると追加で証拠金が請求され、支払わないとロスカットになる可能性が高まる
  • 追証なしの取引所なら余計なコストを気にせず取引ができる
  • ただし、損失が大きくなった場合いきなりロスカットになる
  • とはいえ、追証なしの取引所なら初心者でも安心して利用できる

仮想通貨FXの追証がない海外取引所一覧

仮想通貨FX-追証なし-一覧

2020年1月現在、追証なしで仮想通貨FXが利用できる海外取引所は以下の6社になります。

追証なしで仮想通貨FXが利用できる海外取引所
No.1 BitMEX(ビットメックス)
No.2 BINANCE(バイナンス)
No.3 CryptoGT(クリプトGT)
No.4 Bybit(バイビット)
No.5 OKEx(オーケーイーエックス)
No.6 Deribit(デリビット)

No.1 BitMEX(ビットメックス)

仮想通貨FX-追証なし-BitMEX

BitMEXは仮想通貨FXに特化した海外取引所です。

ビットコインをはじめ、さまざまなアルトコインで取引ができるため、日本人にも人気があります。

また、ゼロカットシステムを採用しており、借金のリスクがないというのも大きな魅力といえるでしょう。

対象通貨 最大レバレッジ ロスカット率 ゼロカットシステム 利用者保護システム
8種類 100倍 注文数による 保険基金
ADLシステム
BitMEX(ビットメックス)の使い方完全ガイド!

BitMEXの登録はこちら

No.2 BINANCE(バイナンス)

仮想通貨FX-追証なし-BINANCE

BINANCEでは、2019年から先物取引の利用が開始されました。

最大レバレッジが125倍と高めになっているほか、世界トップクラスの人気を誇る取引所なだけに信頼性が高いといえるでしょう。

また、BINANCEは今最も勢いに乗っている取引所ですから、今後のサービス向上に大きく期待ができます!

対象通貨 最大レバレッジ ロスカット率 利用者保護システム
4種類 125倍 注文数による 保険基金
ADLシステム
BINANCE(バイナンス)のすべて|登録方法や使い方などを徹底ガイド!

Binanceの登録はこちら

No.3 CryptoGT(クリプトGT)

仮想通貨FX-追証なし-CryptoGT

2018年6月に誕生したまだ新しい取引所ですが、豊富な通貨ペア世界一のハイレバレッジが大きな特徴となっています。

仮想通貨FXを専門としており、MT5(メタトレーダー5)を使って取引できるのも魅力といえるでしょう。

また、日本円ペアもあるので、初心者にも使いやすい取引所として人気です。

対象通貨 最大レバレッジ ロスカット率 利用者保護システム
50ペア 500倍 100% 自社資産での補填
Crypto GT(クリプトGT)の登録方法・取引手順など使い方を徹底解説!

Crypto GT(クリプトGT)の登録はこちら

No.4 Bybit(バイビット)

仮想通貨FX-追証なし-Bybit

Bybitも仮想通貨FXに特化した海外取引所で、トレードバトルなどのさまざまな無料イベントでも知られています。

日本語に対応しているほか、取引画面も非常に見やすくなっているため、国内取引所と同じ感覚で取引を楽しむことができるでしょう。

ただし、ロスカットの計算がやや複雑なので、仕組みを理解してから利用するのが安心です。

対象通貨 最大レバレッジ ロスカット率 利用者保護システム
4種類 100倍 レバレッジによる 保険基金
ADLシステム
bybit-使い方-アイキャッチbybit(バイビット)の使い方や登録方法をわかりやすく解説!

bybit(バイビット)の登録はこちら

No.5 OKEx(オーケーイーエックス)

仮想通貨FX-追証なし-OKEx

OKExは、仮想通貨FXを含む5種類の取引が利用できる海外取引所です。

先物取引に関してはbitbankと提携しているため、国内取引所のbitbank Tradeを利用することも可能。

ただ、OKExは日本語に対応しておらず、ロスカット率もやや高めになるので、初心者にはややハードルが高いかもしれません。

対象通貨 最大レバレッジ ロスカット率 利用者保護システム
9種類 100倍 110% 保険基金
社会的損失システム
OKEx(オーケーイーエックス)の特徴や口座登録方法を徹底解説!

OKEx(オーケーイーエックス)の登録はこちら

No.6 Deribit(デリビット)

仮想通貨FX-追証なし-Deribit

取扱通貨はビットコイン・イーサリアムの2種類のみですが、日本語対応でシンプルに利用できる取引所です。

誕生は2016年とそこそこの歴史があり、海外ではBitMEXに並ぶ高い人気を誇っています。

ゼロカットシステムはありませんが、ロスカット率も一律100%と決まっているので、初心者にも使いやすいといえるでしょう。

対象通貨 最大レバレッジ ロスカット率 利用者保護システム
2種類 100倍 100% 保険基金
社会的損失システム
Deribit-登録-アイキャッチDeribit(デリビット)の登録方法や使い方をわかりやすく解説!

Deribit(デリビット)の登録はこちら

そもそも現物取引と先物取引(FX)の違いは?

仮想通貨FX-追証なし-違い

現物取引では仮想通貨を現在の価格で購入・売却しますが、先物取引では未来の価格を予想して取引を行います。

たとえば、取引する者同士が「1ヶ月後に1BTCを100万円で取引する」と約束したとしましょう。

そして1ヶ月後、もしBTCの価格が約束当時と変わっていたとしても、約束通り100万円で取引を行います。

その際、BTCの価格が100万円以上になっていれば買い手が、100万円以下であれば売り手が利益を得られる仕組みです。

先物取引の主な特徴
  • 差金決済ができる
  • 約束の日に自動で決済される
  • レバレッジが利用できる

仮想通貨FXの追証とは

仮想通貨FX-追証なし-追証とは

追証とは「追加保証金」の略称で、主に先物取引で適用されるシステムです。

先物取引では、最初に証拠金を預けることで初めて取引することができます。

万が一損失が増えてしまい、各取引所に設けられている証拠金維持率が一定水準を下回った場合は、証拠金を追加で支払わなければなりません。

追証を支払わなくても取引を続けることは可能ですが、さらに損失が増えた場合はロスカットとなり、マイナスポジションのまま強制的に決済されてしまいます。

つまり追証は、ロスカットを回避するためのセーフティネットといえるのです。

ゼロカットシステム

ゼロカットシステムとは、万が一大きな損失が発生した場合でも、証拠金を超えた分の損失は取引所が負担してくれるというシステムです。

どんなに損失が大きくなろうと、ユーザーは最初に預けた証拠金を失うだけなので、借金を負うリスクがないんですね!

よく「追証がないから借金のリスクがない」なんていいますが、正確には追証ではなく、ロカットシステムのおかげになります。

注意
ゼロカットシステムを採用していない取引所の場合、いくら追証がなくても借金になる可能性があるので注意しましょう。

仮想通貨FXの追証がないメリットとデメリット

仮想通貨FX-追証なし-メリデリ

追証がないだけでは借金のリスクをゼロにすることができませんが、別のメリットを得ることができます。

ここでは、追証なしのメリットとデメリットについてチェックしていきましょう。

メリット:余計なコストがかからない

追証なしの最大のメリットは、なんといっても余計なコストがかからないことです!

追証がある場合、損失が一定水準を下回ると追証を請求されますが、追証を支払った後に再度一定水準を下回れば、また追証を請求されます。

つまり、一定水準を下回るたびに証拠金を支払わなければならず、トータルで考えるとかなりコストがかかっているのです。

しかし、追証がなければ、ロスカットにさえならなければ証拠金を支払う必要がないため、余計なコストはかかりません。

注意
追証がなくても、ロスカットを回避するためには証拠金を追加で支払う必要があります。

デメリット:いきなりロスカットになる可能性がある

追証なしのデメリットは、いきなりロスカットになる可能性があることです。

本来追証とは、ロスカットになる前の警告のようなもの。

そのため、追証を支払うことでロスカットを回避することができます。

しかし、追証がなければロスカットの警告もありませんから、不意打ちでロスカットになってしまう可能性が高いでしょう。

MEMO
取引所の中には、いきなりロスカットになってしまわないようアラーム通知があるところもあります。また、各取引所ではロスカット率が設定されているので、事前に確認しておくことが大切です。

追証が必要ない理由

仮想通貨FX-追証なし-理由

追証なしで余計なコストがかからないのは嬉しいですが、膨大な損失を抱えたままロスカットになるのは困りますよね。

実際、「ロスカットになったタイミング」「精算されるタイミング」にはタイムラグがあるため、ロスカットになった時よりも精算時の損失が大きくなってしまうケースも多々あります。

ですが、先に紹介した取引所では独自の基金ADL(自動デレバレッジ )システムなどを採用しているため、追証がなくても安心して取引することができるんです。

保険基金

保険基金とは、ロスカットになったポジションを精算するために、取引所があらかじめ積立てしている基金のことです。

たとえばBitMEXの場合、以下の手順でロスカット処理が行われます。

ロスカット処理の流れ
  1. 画面上でポジションが精算される
  2. 精算エンジンに引継ぎ
  3. 精算エンジンによって精算注文

その際、③の精算注文が間に合わなかった場合は、保険基金を使って精算注文が行われます。

さらに、保険基金を使った精算も間に合わなかった場合は、ADLシステムで強制的に精算が行われるのです。

こういった仕組みによりゼロカットシステムが実現されているんですね!

MEMO

2019年は、BitMEXの保険基金が62%も増加したことが話題となりました。保険基金の積立てが多いほど利益の受け取りが保証されるので、ユーザーは安心して取引することが可能です。

ADLシステム

ADLシステムでは、各ユーザーに対し利益とレバレッジに基づいた優先順位を付け、反対売買側のユーザーのポジションを自動的に解消します。

つまり、万が一精算処理のタイムラグで膨大な損失が出てしまった場合は、ハイレバレッジ且つポジションが有利なユーザーに補填してもらうということです。

社会的損失システム

社会的損失システムはクローバックシステムとも呼ばれており、精算が間に合わなかったユーザーの損失を、同じ契約で収益がある全てのトレーダーが負担する仕組みです。

そのため、ロスカットになったユーザーにとってはありがたいシステムですが、利益を上げているユーザーにとってはデメリットになるケースがあります。

注意
こういった利用者保護システムは取引所によって異なるため、どんなシステムが導入されているか事前に確認することが大切です。

仮想通貨FXの追証まとめ

仮想通貨FX-追証なし-まとめ

仮想通貨FXでは追証が付きものですが、中には追証なしの取引所も存在します。

追証がなければ余計なコストをかけずに取引することができるため、仮想通貨FXを利用するなら追証なしの取引所を選ぶのがおすすめです。

ただし、追証がない場合はいきなりロスカットになる可能性が高く、場合によっては莫大な損失を抱えてしまうケースもあります。

そのため、ゼロカットシステムADLシステムを導入している取引所を選んで、賢く安全に取引を行っていきましょう。

仮想通貨FXの追証のおさらい
  • 追証はロスカット前の警告
  • 「追証なし=借金のリスクがない」は間違い!
  • 借金のリスクを回避するにはゼロカットシステムがある取引所を選ぶ必要がある
  • ほかにも、損失の負担を軽減してくれる独自基金やADLシステムを採用している取引所もおすすめ!
【決定版】海外仮想通貨取引所ランキング!おすすめの25社を徹底比較