海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)のAPI設定を徹底解説!

SHARE

海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)のAPI設定を徹底解説!

おすすめ海外取引所ランキング
評価項目 1位 2位 3位
レバレッジ BINANCE★★★★★ bybit★★★★☆ MXC★★★★☆
スプレッド bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ MXC★★★☆☆
手数料 bybit★★★★★ BINANCE★★★☆☆ MXC★★★☆☆
サーバー bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ MXC★★★☆☆
日本語対応 bybit★★★★★ BINANCE★★★★★ MXC★★★☆☆
MXCのPAIってどうやって使うの?
MXCを使って自動売買はできる?

なんてお考えではありませんか?

デジタル化が進む近年では仮想通貨の自動売買をするユーザーも多く、取引所でもAPIが発行できるようになりました。

これにより、仮想通貨取引はより便利で効率的になったといえるでしょう。

とはいえ、APIについてよく知らない人や、設定方法がよくわからない人も多いと思います。

そこで今回は、MXCのAPI設定についてわかりやすく解説していきます。

実際の画面を使って解説していくので、この記事を読めば初心者でもAPIを設定することができますよ!

ざっくり言うと
  • APIとはソフトウェアの機能を共有すること
  • APIの用途は自動売買が一般的
  • MXCのAPIは誰でも簡単に作成できる
  • ただし、現状ではMXCに対応したbotがほとんどない
  • MXCで自動売買をする場合は、自分でAPIを連携する必要がある
  • プログラミング知識に自信がない人は、他の取引所を使って自動売買するのあり

MXC(エムエックスシー)の公式サイトはこちら

MXC(エムエックスシー)の登録はこちら

そもそもAPIとは

<イラスト>そもそもAPIとは

APIとはApplication Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)」の略称で、ソフトウェアの機能をほかのソフトウェアと共有する仕組みのことをいいます。

仮想通貨取引においては、取引所のAPIを公開することでプログラムコードを一から書く必要がなくなり、効率的に開発を進めることが可能です。

身近なところでいうと、Googleマップが良い例でしょう。

Googleマップはさまざまなサービスに導入されていますが、各サービスの開発者が一からコードを書いたわけではなく、一般公開されているソースコードを使って開発されています。

つまり、MXCのAPIを使うことによって、通常では利用できないオーダーの仕方や分析、自動トレードなど、自分の思い通りに使うことができるのです。

MXC(エムエックスシー)APIでできること

<イラスト>MXC(エムエックスシー)APIでできること

API設定のメリットは、主に以下の3つです。

  • アプリケーションを効率的に開発できる
  • セキュリティが向上する
  • 手軽に情報取得ができる

先述したように、APIはすでにある機能と連携させて使用できるため、プログラムを一から組む必要がありません。

これにより、アプリケーションの開発が効率化できるだけでなく、時間やコストも削減することができます。

開発段階でハイレベルなセキュリティシステムを導入すれば、セキュリティの向上にも効果的です。

また、MXCのAPIを連携させればアプリケーション上で仮想通貨の最新価格が確認できますし、仮想通貨情報サイトなどのAPIを連携させればあらゆる情報がチェックできるようになります。

MXC取引方法海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の取引方法を徹底解説!

MXC(エムエックスシー)のAPI取得方法

<イラスト>MXC(エムエックスシー)のAPI取得方法

MXCでPAIを初めて利用する場合は、APIを新規作成する必要があります。

といっても難しい操作は一切ありませんので、初心者でも迷わず作成することができますよ!

STEP.1
API管理画面の表示

MXC API1

MXCにログイン後、画面右上にある「API」をクリックし、出てきたメニューから「Apply for API」を選択します。

STEP.2
連携する項目を選択

MXC API2

するとAPIの新規作成画面が表示されるので、アプリと連携させたい項目を選択してください。

その後、備考欄にはAPIの名前(任意)を入力し「新規作成」をクリック。

STEP.3
セキュリティ認証

MXC API3

「直ちにゲットします」をクリックし、メールアドレス認証コード2段階認証コードを入力してください。

最後に「提出」をクリックします。

STEP.4
APIキーを控える

MXC API4

すると、

  • APIアクセスキー
  • APIシークレットキー

が表示されるので、忘れないように控えて「確定」をクリックします。

注意

特にシークレットキーはこのタイミングでしか確認ができないので、必ず控えておきましょう。

STEP.5
APIの確認

MXC API5

APIの作成が完了すると、「わたしのAPI Key」という欄に自分のAPI情報が表示されます。

ちなみに、画面右側の「編集」をクリックすれば、アプリと連携する項目を変更することが可能です。

MXC API6

MXCロスカット海外仮想通貨取引所MXC(エムエックスシー)の追証とロスカット

MXC(エムエックスシー)APIの連携方法

<イラスト>MXC(エムエックスシー)APIの連携方法

仮想通貨取引の自動売買アプリはたくさんありますが、MXC対応したbotはほとんどないというのが現状です。

そのため、MXCで自動売買を行うには自分でAPIを連携させる必要があります。

それにはプログラミング知識が必要になるので、素人にはハードルが高いかもしれませんね。

チャレンジしてみたい人は、MXCの公式サイトに詳しい情報が記載されているので、ぜひこちらを参考にしてみてください!

API連携

プログラミングに自信がない人は、MXCに対応したbotがリリースされるまで待つか、自動売買については取引所を使うというのありです。

その場合、どのbotも対応しているBINANCEが使いやすくておすすめですよ!

BINANCE登録BINANCE(バイナンス)の登録・口座開設方法を徹底解説!

MXC(エムエックスシー)のAPI設定まとめ

<イラスト>MXC(エムエックスシー)のAPI設定まとめ

APIとは「Application Programming Interfaceの略称で、ソフトウェアの機能をほかのソフトウェアと共有する仕組みのことです。

APIの使い道としては自動売買が一般的で、MXCのAPIを自動売買botに登録することで、MXCで自動売買ができるようになります。

しかし、現状ではMXCに対応したbotがほとんどなく、MXCで自動売買をするには自分でAPIを連携させる必要があります

そのため、プログラミング知識がない人にとってはややハードルが高めです。

とはいえ、今後MXCに対応したbotがリリースされる可能性も高いので、それまで手動の取引を楽しむ、もしくは自動売買に関しては別の取引所を使ってみるのも良いでしょう。

MXCのAPI設定おさらい
  • APIとはソフトウェアの機能を共有すること
  • APIの用途は自動売買が一般的
  • MXCのAPIは誰でも簡単に作成できる
  • ただし、現状ではMXCに対応したbotがほとんどない
  • MXCで自動売買をする場合は、自分でAPIを連携する必要がある
  • プログラミング知識に自信がない人は、他の取引所を使って自動売買するのあり

MXC(エムエックスシー)の公式サイトはこちら

MXC(エムエックスシー)の登録はこちら