bybit(バイビット)の追証・ロスカットシステムを徹底解説!

bybit-追証-アイキャッチ

SHARE

bybit(バイビット)の追証・ロスカットシステムを徹底解説!

bybit追証はある?
ロスカットのルールやリスクについて教えてほしい!

なんて考えたことはありませんか?

取引所を選ぶ際に「追証」「ロスカット」を基準にする人がいますが、これらは取引の効率や安全性を左右する重要なポイントといっても過言ではありません。

しかし、言葉は聞いたことがあっても仕組みはよくわからない…という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、bybitの追証やロスカットのルールについてわかりやすく解説していきます。

追加証拠金やゼロカットシステムについても解説しているので、この記事を読めば、bybitでより安全に取引ができるようになりますよ!

ざっくり言うと
  • bybitは追証がない
  • bybitの証拠金維持率は取引の種類、通貨ペアによって異なる
  • bybitのロスカットは「破産価格」という独自システムによって実施される
  • bybitではゼロカットシステムが採用されている
bybit(バイビット)公式サイトはこちら

bybit(バイビット)の登録はこちら

bybitテストネットbybit(バイビット)テストネットの登録方法と使い方を徹底解説

ロスカットにまつわる基本情報

bybit-追証-基本

bybitの追証・ロスカットを解説する前に、基本となる4つのシステムについて紹介します。

これらは、証拠金を必要とする取引で必ず出てくるシステムなので、事前にしっかりと理解しておきましょう。

覚えておくべき言葉
  • 追証
  • 証拠金維持率
  • ロスカット
  • ゼロカット

追証

追証とは、最初に預けた証拠金のほかに、追加で支払う証拠金のことを言います。

一般的に、証拠金維持率が一定の割合を下回った際はロスカットになりますが、追証を支払うことで証拠金維持率が一定以上となり、ロスカットを回避することが可能です。

ただし、追証は証拠金維持率が一定の割合を下回る毎に請求されるので、支払いが度重なればその分損をすることになります。

証拠金維持率

証拠金維持率とは、最初に預けた証拠金のうち、取引に必要となる純資産の割合を言います。

多くの取引所では、証拠金維持率をもとに追証の請求、ロスカットが実施されています。

ロスカット

ロスカットは、保有しているポジションが強制的に決済されるシステムのことです。

通常、証拠金維持率が一定を下回った際に追証が請求されますが、追証を払わず、証拠金維持率がさらに一定を下回った際にロスカットが実行されます。

MEMO

追証・証拠金維持率・ロスカットの基準は、各取引所によって異なります。

ゼロカットシステム

ゼロカットシステムは、資産を上回る損失が出ないようにするためのシステムです。

たとえば、相場が大幅に荒れた場合などはロスカットになるタイミングが遅れ、証拠金以上の損失が出てしまう可能性があります。

しかし、ゼロカットシステムを採用している取引所であれば、取引所が証拠金以上の損失を保証してくれるため、ユーザーは安心して取引することができるのです。

bybit(バイビット)の追証

bybit-追証-追証

bybitは追証がありません。

bybitでは、損失が一定値を上回ると、そのままロスカットになる仕組みです。

そのため、最初に証拠金を預ければ、それ以上証拠金を請求されることがないのです。

bybitdでは、ユーザーを保護する観点から追証制度は導入していないんですね。

MEMO

bybitには追証がありませんが、証拠金を自主的に追加することは可能です。

証拠金の追加は手動、もしくは自動証拠金補充機能(AMR)を使って行えます。

自動証拠金補充機能(AMR)

自動証拠金補充機能は、ロスカットを回避するために証拠金を自動的に追加する機能です。

自動証拠金補充機能を有効にすると、証拠金が維持証拠金レベルに近づくたびに、使用可能残高から証拠金が補充されます。

また、補充される金額は「必要証拠金と同額」となり、変更することはできません。

自動証拠金補充機能(AMR)

自動証拠金補充機能の設定は、取引画面下部にある「ポジション」から簡単に行えます。

bybit(バイビット)の証拠金

bybit-追証-証拠金維持率

bybitには2種類の証拠金があり、それぞれ意味合いが異なります。

bybitの証拠金
  • 必要証拠金
  • 維持証拠金

必要証拠金

必要証拠金は、ポジションを保有するのに必要な証拠金となります。

必要証拠金はポジションの大きさレバレッジによって決まり、注文時には往復取引手数料として0.075%が徴収される仕組みです。

また、決済時においては必要証拠金は不要です。

維持証拠金

維持証拠金は、レバレッジを使用したポジションを保持するために必要な証拠金です。

維持証拠金はポジションの「維持証拠金率」によって計算され、決済時の取引手数料も含まれています。

また、USDT無期限契約においては、段階別証拠金レベルによって維持証拠金率も上がる仕組みです。

段階 契約価額 (USDT)維持証拠金率 維持証拠金率 必要証拠金率 最大レバレッジ
1 1,000,000 0.50% 1.00% 100.00
2 2,000,000 1.00% 1.50% 66.67
3 3,000,000 1.50% 2.00% 50.00
4 4,000,000 2.00% 2.50% 40.00
5 5,000,000 2.50% 3.00% 33.33
6 6,000,000 3.00% 3.50% 28.57
7 7,000,000 3.50% 4.00% 25.00
8 8,000,000 4.00% 4.50% 22.22
9 9,000,000 4.50% 5.00% 20.00
10 10,000,000 5.00% 5.50% 18.18

bybit(バイビット)のロスカット

bybit-追証-ロスカット

bybitでは、「破産価格」という独自の基準によってロスカットが実施されます。

破産価格の計算式は以下です。

・ロングポジションの場合

(平均参入価格 × レバレッジ) ÷ レバレッジ + 1

 

・ショートポジションの場合

(平均算入価格 × レバレッジ) ÷ レバレッジ - 1

一般的な取引所では「証拠金維持率」が基準になっていますが、bybitは独自の方法でロスカットが決まるので注意しましょう。

bybit(バイビット)のゼロカット

bybit-追証-ゼロカット

bybitではゼロカットシステムを採用しているため、万が一ロスカットになってしまっても、損失が証拠金を上回ることはありません。

また、bybitのゼロカットシステムは「保険基金」「自動でレバレッジ(DA)」によって成り立ちます。

保険基金

保険基金とは、ユーザーが清算不可能な状況に陥った際、資金を保証するために利用される積立金のことです。

bybitでは、ロスカットによって損失が証拠金を上回ってしまった場合に、不利になった分の価格を保険基金で補填します。

自動デレバレッジ(DA)

不利になった分を補填するのに十分な保険基金がない場合は、反対売買方向の選択されたユーザーのポジションを自動的にデレバレッジすることで、不利になった分の価格を補填します。

その際は、全ユーザーの中で最もランキングの高いユーザーが優先的に選択され、デレバレッジの対象となります。

bybit(バイビット)の追証・ロスカットまとめ

bybit-追証-まとめ

bybitは追証がなく、ゼロカットシステムが採用されています。

そのため初心者はもちろん、最大100倍のハイレバレッジ取引も安心して楽しむことができるでしょう。

ただし、ロスカットになるとポジションが強制的に決済されてしまうため、証拠金維持率を意識しながら取引することが大切です。

また、世界トップクラスの人気を誇るBINANCEも「追証なし」「ゼロカットシステム」となっているので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!

bybit追証・ロスカットのおさらい
  • bybitは追証がない
  • bybitの証拠金維持率は取引の種類、通貨ペアによって異なる
  • bybitのロスカットは「破産価格」によって実施される
  • bybitではゼロカットシステムが採用されているため、証拠金を超える損失が発生することはない
  • 「追証なし」「ゼロカットシステム」としてはBINANCEもおすすめ
bybit-使い方-アイキャッチbybit(バイビット)の使い方や登録方法をわかりやすく解説! bybit-japanesebybit(バイビット)を日本人が使うメリット・デメリットbybit(バイビット)公式サイトはこちら

bybit(バイビット)の登録はこちら

BINANCE(バイナンス)のすべて|登録・入金・取引・出金までを徹底ガイド!Binance(バイナンス)の公式サイトはこちら

Binance(バイナンス)の登録はこちら