Paxful(パックスフル)とBINANCE(バイナンス)が提携!新規法定通貨への対応と300種類の決済手段が利用可能に!

Paxful-提携-アイキャッチ

SHARE

Paxful(パックスフル)とBINANCE(バイナンス)が提携!新規法定通貨への対応と300種類の決済手段が利用可能に!

PaxfulBINANCE提携したって本当?
そもそもPaxfulってどんな取引所で、提携したことでどんなメリットがあるの?

なんて疑問を抱えてはいませんか?

Paxfulは、2014年に誕生したアメリカの仮想通貨取引所です。

厳密にいうとビットコインのP2P取引に特化した取引所となっており、167種類の法定通貨に対応しているほか、決済方法も300種類以上から選択することができます。

そして先日、Paxfulは世界トップクラスの取引量を誇る大手取引所BINANCEとの提携を発表しました。

今回は、提携による影響やPaxfulの登録方法、使い方などについてご紹介します。

この記事を読めば、Paxfulの魅力や将来性が理解できること間違いなしです!

ざっくり言うと
  • 2019年12月、大手取引所BINANCEがPaxfulとの提携を発表
  • PaxfulはP2P取引に特化したビットコイン取引所で、法定通貨164種類と300種類以上の決済手段に対応している
  • 今回の提携により、BINANCEでも10種類の法定通貨および300種類の決済手段が利用可能となった
  • 今後はPaxful同様、164種類の法定通貨に対応する可能性がある
  • Paxfulでは日本円で手軽にビットコイン取引ができる
  • Paxfulは日本語にも対応しており登録も簡単!

Paxful(パックスフル)公式サイトはこちら

Paxful(パックスフル)の登録はこちら

Paxful(パックスフル)とBINANCE(バイナンス)が提携!

Paxful-提携-BINANCE

2019年12月、大手取引所として知られるBINANCEがPaxfulとの提携を発表しました。

Paxfulは日本人にとってあまり馴染みのない取引所かもしれませんね。

Paxfulは、ビットコインのP2P取引に特化した取引所で、164種類の法定通貨および300種類以上の決済手段に対応した珍しい取引所なんです。

もちろん日本円にも対応しているので、私たちもPayPalやクレジットカードなどを使って手軽にビットコインを売買することができます。

そして、BINANCEはそんなPaxfulと提携を結び、これまでにない驚異的な取引所へと進化したのです!

新規法定通貨への対応

BINANCEは、Paxfulとの提携により10種類の法定通貨に対応しました。

Paxfulの164種類には及ばないものの、今後Paxfulと同様の164種類に対応する可能性は高いといえます。

現在対応している法定通貨は以下です。

ロシアルーブル(RUB)/ベトナムドン(VND)/インドネシアルピア(IDR)/ナイジェリアナイラ(NGN)/コロンビアペソ(COP)/イギリスポンド(GBP)/メキシコペソ(MXN)/カナダドル(CAD)/ユーロ(EUR)/アルゼンチンペソ(ARS)

300種類の決済手段

また、BINANCEでも300種類の決済手段が選択可能となりました。

300種類ともなれば、私たちが普段利用している決済手段のほとんどに対応していることとなります。

銀行口座クレジットカードはもちろん、PayPalギフトカードデジタル通貨など、実に豊富な手段が選択可能です。

とはいえ、BINANCEは日本円に対応していませんので、日本円でビットコインを売買したいのであれば、Paxfulを利用するのが良いでしょう。

BINANCE(バイナンス)のすべて|登録・入金・取引・出金までを徹底ガイド!

Paxful(パックスフル)公式サイトはこちら

Paxful(パックスフル)の登録はこちら

Paxful(パックスフル)とは

Paxful-提携-とは

Paxfulは2014年に誕生した取引所ですが、それ以前もEasybitz (イージービッツ)という名前で運営を行っていました。

アメリカのニューヨークに拠点を構えており、個人間によるP2P取引がメインとなっています。

そのため、信用取引やレバレッジ取引などは提供していません。

誕生当初は法定通貨・決済手段ともに対応数が少なかったですが、現在は法定通貨164種類・決済手段300種類以上に対応しており、世界中の人が手軽に利用できる取引所へと成長しました。

Paxfulの概要
取引所名 Paxful(パックスフル)
所在地 アメリカ・ニューヨーク
設立 2014年
取引の種類 P2P取引
取扱通貨 BTC
決済手段 300種類以上
対応法定通貨 164種類
日本語
スマホアプリ

Paxful(パックスフル)の登録方法

Paxful-提携-登録方法

Paxfulは日本語対応となっているため、誰でも手軽に利用することが可能です。

ここではまず、登録方法について見ていきましょう!

STEP.1
公式サイトへアクセス

Paxful-提携-登録1

Paxfulの公式サイトへアクセスし、画面右上にある「アカウントの作成」をクリックします。

STEP.2
メールアドレス・パスワードの登録

Paxful-提携-登録2

メールアドレス・ユーザー名・パスワードを入力し、利用規約などを確認しましょう。

特に問題がなければボックスにチェックを入れ、最後に「無料PAXFULアカウントの作成」をクリックします。

STEP.3
メールの確認

Paxful-提携-登録9

すると、登録したメールアドレス宛に確認メールが届くので、本文中にある「メールアドレス認証」をクリックしましょう。

これでアカウント登録は完了です!

本人確認

Paxfulでは本人確認をしなくても取引が可能ですが、より有利に取引を行うためにも本人確認を済ませておくことをおすすめします。

ただ、日本国籍の場合、本人確認に使用できる書類はパスポートのみとなりますので、パスポートを持っていない人は「認証不要」の取引しか行えません。

STEP.1
本人確認画面の表示

Paxful-提携-登録3

ログイン後、画面右上のアカウントマークにカーソルを合わせ、出てきたメニューから「認証を受ける」を選択します。

STEP.2
必要情報の入力

Paxful-提携-登録4

国籍、本人確認書類の種類(パスポート)、生年月日、氏名、性別を入力し、最後に「認証手続きを開始する」をクリック。

STEP.3
画像のアップロード

Paxful-提携-登録5

「写真を撮る」もしくは「ファイルをアップロードする」をクリックし、パスポートの画像をアップロードします。

STEP.4

Paxful-提携-登録6

すると今度は顔認証を求められるので、そのまま「続ける」をクリック。

パソコンのカメラが立ち上がったら、画面の枠に顔を合わせて顔写真を撮影しましょう。

Paxful-提携-登録7

キャプチャ後、5〜10分程度で承認可否のメールが届きます。

STEP.5
住所証明書の認証

Paxful-提携-登録8

身元確認が承認されたら、その下にある住所証明書の認証も行ってください。

プロフィール設定

Paxfulでは個人間で取引を行いますので、自分のプロフィール画面を作成します。

プロフィールの内容は信頼性にも繋がりますので、できるだけ充実させるのがおすすめです。

STEP.1
プロフィール画面の表示

Paxful-提携-セキュリティ1

ログイン後、画面右上のアカウントマークにカーソルを合わせ、出てきたメニューから「自分のプロフィール」を選択します。

 

STEP.2
必要事項の入力

Paxful-提携-プロフィール1

まず、SMS認証に使用する電話番号を入力し「コードを送信」をクリック。

するとSMSで認証コードが届くので、そのコードを入力して「送信」をクリックしましょう。

あとは略歴、ウォレットで使用したい通貨を選択します。

STEP.3
通知設定

Paxful-提携-プロフィール2

画面を下へスクロールさせると通知の有無や方法の設定画面になりますので、自分が希望する項目にチェックを入れます。

STEP.4
プロフィールを保存

Paxful-提携-プロフィール3

最後に画面下にある「変更を保存」をクリックし、プロフィールを完成させましょう。

Paxful(パックスフル)のセキュリティ設定

Paxful-提携-セキュリティ

Paxfulでは2種類のセキュリティ設定を採用しています。

どちらも効果的な対策になりますので、こちらも登録のついでに設定を済ませておきましょう。

秘密の質問

秘密の質問は、電話番号の変更などでPaxfulの認証ができなくなった際や、さまざまな機能へのアクセスを許可する際に使用します。

STEP.1
設定画面の表示

Paxful-提携-セキュリティ2

プロフィール画面の左側にあるメニューか「秘密の質問を設定する」を選択し、表示された画面の中央にある「回答を設定」をクリックしましょう。

STEP.2
質問の回答を設定する

Paxful-提携-セキュリティ3

秘密の質問は全部で3つです。

それぞれの質問とその回答を選択・入力し、最後に「保存」をクリックします。

ちなみに、回答は全て6文字以上にする必要がありますので、6文字以上になる質問を選ぶようにしましょう。

2段階認証設定

2段階認証は不正ログインを効果的に予防できるセキュリティ設定です。

STEP.1
2段階認証画面の表示

Paxful-提携-セキュリティ4

プロフィール画面の左側にあるメニューから「セキュリティ」を選択するとこのような画面が出てきます。

2要素認証設定の「ログイン時の2要素認証」のところにある「 GOOGLE AUTHENTICATOR または AUTHY」にチェックを入れ、「ログイン時の2要素認証を変更」をクリックしましょう。

STEP.2
QRコードの読み取り

Paxful-提携-セキュリティ5

するとQRコードが表示されるので、Googe AuthenticatorもしくはAythyアプリを立ち上げてQRコードを読み取ります。

その後、アプリ上に表示された認証コードを入力し、もう一度「ログイン時の2要素認証を変更」をクリックしてください。

STEP.3
ビットコイン送金時の設定

Paxful-提携-セキュリティ7

画面を下にスクロールし、ビットコイン送金時の認証設定も同じように行いましょう。

STEP.4
ビットコイン解放時の設定

Paxful-提携-セキュリティ8

さらに、その下にあるビットコイン解放時の認証設定も同じように行えば、全ての2段階認証設定は完了です。

Paxful(パックスフル)の使い方

Paxful-提携-使い方

ここからは、Paxfulでビットコインを売買する方法をご紹介します。

取引方法は他の取引所と異なりますが、とてもシンプルなので初心者でも安心です!

STEP.1
取引画面の表示

Paxful-提携-使い方1

ログイン後、画面上部にある「ビットコインの購入」をクリックします。

STEP.2
支払い方法・通貨の選択

Paxful-提携-使い方2

ビットコイン購入の支払い方法と金額、支払う通貨を選択したら「オファーを検索」をクリックしましょう。

STEP.3
希望に合うオファーを選択

Paxful-提携-使い方3

すると、その時点で存在するオファーが一覧で表示されるので、自分の希望に合うオファーの「購入」をクリックします。

STEP.4
購入金額を入力

Paxful-提携-使い方4

オファーを選択すると、取引条件の詳細が表示されます。

この条件を確認しながら購入する金額を入力し、最後に「今すぐ購入」をクリックすれば取引は完了です。

Paxful(パックスフル)提携のまとめ

Paxful-提携-まとめ

PaxfulはP2P取引に特化していることもあり、さまざまな法定通貨・決済手段に対応しています。

そのため、仮想通貨初心者でも手軽にビットコイン売買を楽しむことが可能です。

さらに、PaxfulとBINANCEが提携したことにより、今後はBINANCEでもさまざまな決済手段が選択できるようになりました。

とはいえ、BINANCEは日本円に対応していませんので、もっと手軽に仮想通貨取引を楽しみたい人は、ぜひPaxfulを利用してみてくださいね!

Paxful提携のおさらい
  • PaxfulとBINANCEが提携したことにより、BINANCEでも新規法定通貨への対応および豊富な決済手段が利用可能となった
  • Paxfulは法定通貨164種類、決済手段300種類以上に対応
  • BINANCEは法定通貨10種類、決済手段300種類以上に対応
  • 現状、BINANCEは日本円に対応していない
  • とはいえ、今後はPaxfulと同じ164種類の法定通貨に対応する可能性が大!
  • Paxful、BINANCEともに今後の動きに注目しよう!

Paxful(パックスフル)公式サイトはこちら

Paxful(パックスフル)の登録はこちら

BINANCE(バイナンス)の評判は?本当のところどうなの?メリット・デメリットを辛口調査