(OTC対応)Localbitcoins(ローカルビットコイン)~世界中の人とビットコインを売買できる相対取引所~

SHARE

(OTC対応)Localbitcoins(ローカルビットコイン)~世界中の人とビットコインを売買できる相対取引所~

世界中の人とビットコインを売買できるプラットフォーム『localbitcoins(ローカルビットコイン)』について解説しています。
localbitcoinsってどんなサービスなの?登録方法は?購入の手順は?など、localbitcoinsを初めて使うという方はもちろん、ビットコインの相対取引は初めてという方にも分かりやすく解説しています。

Localbitcoinsの登録はこちら

Localbitcoinsとは?

Localbitcoinsはフィンランドのヘルシンキに本拠地を置くスタートアップ企業で2012年6月に設立されました。
世界中のユーザー同士でビットコインと現地通貨との店頭取引ができるOTC取引所となっています。
信頼できる取引相手かどうかを判別できる評判とフィードバックシステム、確実に支払いが履行されるエスクローシステムなどを取り入れています。
安心して取引できるプラットフォームとして世界中に多くのアクティブユーザーがおり、日々活発にユーザー同士の取引がなされています。

サービス内容一覧表

2018年7月12日現在

取り扱い通貨 ビットコイン(BTC)
決済方法・通貨 対面取引、銀行振込、PayPal、クレジットカード、アマゾンギフト券など多種多様な決済方法に対応。
決済通貨となるフィアット(法定通貨)は日本円を含め、多くの現地通貨に対応。
入出金手数料 入金:0.00015BTC
出金:0.00005BTC
※ブロックチェーンの混雑状況によって変動
取引手数料 無料
※自ら広告を作成して、その広告から売買が成立した場合は、取引金額の1%
サービス内容 OTC取引(相対取引)
アプリ ×:なし
API ○:APIドキュメント
日本語対応 ×:英語のみ
ソーシャル Facebook
Twitter
Instagram
Reddit

localbitcoinsの特徴は?

取引できる仮想通貨はビットコインのみ

Localbitcoinsで取引できる仮想通貨はビットコイン(BTC)のみです。
Localbitcoins同様のOTC取引所「Contal」ではBTCに加え、BCH、ETH、LTC、XRPも取引可能なので、今後取り扱い仮想通貨も増やしてほしいところです。
ちなみにビットコインを売買する決済方法として、ダッシュ(DASH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、モネロ(XMR)、イーサリアム(ETH)と取引することはできます。

対面取引、銀行振込、PayPalなど多彩な取引・決済方法


Localbitcoinsではネット上で完結するオンライン取引と、実際に会って取引する対面取引があります。
またオンライン取引の決済方法は銀行振込やPayPal、クレジットカード、アマゾンギフト券、ウェブマネーなど多彩な決済方法が用意されています。

対面取引では地図から取引相手を探すこともできる


実際に会って取引をする対面取引の場合、相手との物理的な距離も重要です。
いくら好条件の取引相手であったとしてもあまりにも遠い場所に住んでいる相手だと大変ですからね。
Localbitcoinsのオフライン取引では相手との距離や場所が表示されており、地図から取引相手を探すことができる機能もついています。

エスクロー対応なので詐欺リスク無し

ユーザー同士での相対取引で一番不安な点は取引相手が信頼できるか否かでしょう。
こちらが支払いをしたにも関わらずビットコインを送金してくれなかったりといった詐欺に遭う可能性もあります。
Localbitcoinsの場合、オンライン取引ではデフォルトでエスクローでのやりとりがONになっています。
Localbitcoinsが双方の支払いの間に入って、安全に取引が履行されるようにしてくれるので、詐欺に遭う被害はなく安心です。

ただしエスクローで保護されるビットコインの上限は初期状態だと0.04BTCまでに制限されています。
取引を繰り返すことによって上限をアップさせることができるようになります。

手数料について

取引手数料

取引手数料はビットコインの購入、販売ともに無料です。
ただし、「advertisements(広告)」と呼ばれる購入あるいは売却の条件を自ら作成して、その広告から取引が成立した場合、取引金額の1%の手数料がかかります。

入出金手数料

Localbitcoinsユーザー同士で、Localbitcoins内のウォレットでの移動は無料です。
ただし、他の取引所等からの外部ウォレットとの入出金には手数料が発生します。
金額はそのときのブロックチェーンの混雑状況によっても違います。
2018年7月10日現在の入出金手数料は、入金:0.00015 BTC、出金:0.00005 BTCとなっています。

localbitcoinsへの登録方法

Localbitcoinsの登録に必要なものはメールアドレスのみです。
パスポートなどの本人確認書類は必要ありません。
ただし、自ら「advertisements(広告)」を作成して積極的に売買をする場合は、本人確認の手続きが必要です。

STEP.1
Localbitcoins公式サイトを開く
↓のボタンをクリックしてLocalbitcoins公式サイトを開きます。

Localbitcoinsの登録はこちら

STEP.2
Sign up freeをクリック

中央にある「Sign up free」をクリック。
STEP.3
ユーザー名等を入力して登録

ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力し、「ロボットではありません」にチェックをいれ、「Register」をクリック。
STEP.4
利用規約を確認して同意

利用規約が表示されます。
下までスクロールしないと同意ボタンを押せないので下までスクロールします。

「I Agree」をクリック。
STEP.5
プライバシーポリシーに同意

利用規約と同様で下までスクロールしてから「I Agree」をクリック。
STEP.6
登録完了。メール確認

以上で登録完了です。
確認メールを送ったとのことなので受信メールを確認します。
STEP.7
メールの確認完了

「[localbitcoins.com]Confirm your email to complete your registration」という件名で上図のようなメールが届いています。
メール内のURLをクリック。

メールアドレスの確認が完了すると自動的に「ログインガード」が有効になります。
「ログインガード」はいつもと違う環境からログインがあった場合に、メールアドレスによる2段階認証が有効になる機能です。

2段階認証の設定

セキュリティのため2段階認証の設定をしておきましょう。
認証アプリは下記からダウンロードできますので先にインストールしておきます。

Google Authenticator

Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ
STEP.1
セキュリティ設定を開く

右上の人形アイコンをクリックするとメニューが開きます。
「Account security」をクリック。
STEP.2
2段階認証の設定を開く

「Two-Factor Authentication(2段階認証)」の項目にある「Enable two-factor authentication」をクリック。
STEP.3
認証アプリでの認証

「Mobile app」での認証か「Paper code」による認証を選択できます。
「Mobile app」での認証にチェックを入れます。
STEP.4
QRコードをスキャン

QRコードが表示されるので認証アプリでスキャンします。
また「Authentication key」をメモしておくことを忘れないようにしましょう。
万が一、スマホが故障したり紛失したりして認証アプリを利用できなくなった場合に必要となります。

Google Authenticatorを起動して右上の「+」アイコンをタップ。

「バーコードをスキャン」をタップしてQRコードをスキャンします。
STEP.5
認証コードを入力

Google Authenticatorに表示された数字6桁の認証コードを「Authentication code」の欄に入力して、「Enable two-factor authentication」をクリックして設定完了です。

基本的な使い方~入金編~

STEP.1
Walletを開く

右上のメニューから「Wallet」をクリック。
STEP.2
ウォレットアドレスを表示

ビットコインのウォレットアドレスが表示されますのでこちらに送金すればOKです。
「QR code for mobile[をクリックすればQRコードも表示できます。
入金手数料はそのときのブロックチェーンの混雑具合によっても違いますが、入金画面に表示されています。
今回の例では0.00015BTCとなっています。

基本的な使い方~出金編~

STEP.1
Walletを開く

右上のメニューから「Wallet」をクリック。
STEP.2
出金内容を入力

出金先のウォレットアドレス、出金数量を入力します。
Descriptionは後で見たときに分かりやすいように任意でメモを付けることができます。
Amountの欄には指定した通貨での換算金額が自動で表示されます。
出金手数料はブロックチェーンの混雑状況によっても変わってきますが、今回の時点では0.00005BTCとなっています。
入力できれば「Continue」をクリック。
STEP.3
確認して出金
確認画面になるので出金内容を確認して、パスワードを入力し、「Send from wallet」をクリックすれば出金完了です。
出金先のウォレットアドレスを間違ってしまったり、ビットコイン以外のウォレットアドレスを入力してしまうと、ビットコインは紛失してしまうので注意しましょう。

基本的な使い方~取引編~

取引画面の見方


上部メニューの「Buy bitcoins」ではビットコインを売りたいという人の広告一覧を見ることができます。
反対に「Sell bitcoins」ではビットコインを買いたい人の広告一覧を見ることができます。

上図はビットコインを買いたい場合の画面(Buy bitcoins)ですが、上部がオンライン取引、下部が対面取引の広告一覧です。

オンライン取引の一覧では左から「取引相手のユーザー名や評価」「決済方法」「価格」「取引数量の下限と上限」が並んでいます。
一番右の「Buy」「Sell」ボタンをクリックすれば、その相手との取引を始める画面になります。

対面取引の一覧では左から「取引相手のユーザー名」「距離」「エリア」「価格」「取引数量の下限と上限」となっています。
オンライン取引同様、一番右の「Buy」「Sell」ボタンをクリックすれば、その相手との取引を始める画面になります。

ユーザーの評価や返答スピードなどの見方


ユーザー名の右側には(1000+; 100%)緑やグレーの丸印が表示されています。
1000+や100+、28などの数字はそのユーザーがこれまでにLocalbitcoinsで行ってきた取引の回数です。
100%などのパーセンテージはフィードバックスコアです。
取引が終了するとお互いにフィードバックスコアという評価を相手につけることができます。
取引相手から良い評価を付けられるとフィードバックスコアは高くなります。
ですので上図の一番上のユーザーさんは1000回以上取引しており、さらにフィードバックスコアも100%とかなり信頼できるユーザーだと分かります。
また一番右の緑やグレーの丸印(ドット)は、このユーザーがどれくらい迅速に返答をするかの目安です。
過去30日間のユーザーの返答時間から計算されています。

緑のドットは、5分以内の返答。
黄色のドットは、30分以内の返答。
灰色のドットは、返答までに30分以上かかることを意味します。

そのユーザーについてさらに詳しい情報を見たければ、ユーザー名をクリックします。

詳細情報では、そのユーザーの最終ログイン日時や最終取引日時、使用言語、何人のユーザーから信頼ユーザーとして登録されているか、何人のユーザーから悪質ユーザーとしてブロックされているか等の情報が見られます。

ビットコインを買う場合の取引の流れ

主に英語での相手とのメッセージのやりとりが必要になりますが、取引自体は定型化されており、ややこしいやりとりは不要なので英語が苦手な方でも問題はないでしょう。

STEP.1
Buyをクリック

取引をしたい広告が見つかれば、その広告の一番右の「Buy」ボタンをクリックします。
STEP.2
購入数量とメッセージを入力

相手の支払い方法や取引数量の下限・上限など取引条件等を確認し、購入したい金額とメッセージを入力します。
金額はJPYの金額でもBTCの数量でもどちらに入力しても構いません。
相手の指定レートに応じてもう一方の金額は自動で入力されます。
メッセージは任意ですが、お互いに気持ちの良い取引をするためにも挨拶を兼ねた簡単なメッセージを入れておきましょう。
入力できれば「Send Trade Request」をクリックします。
STEP.3
指定の方法で支払う

取引相手の指定する方法で支払いを行います。
上図の「STEP 1:Pay the seller」の欄に銀行振込なら振込先の銀行名や口座番号などの情報が記載されているので振り込みます。
STEP.4
支払い完了処理を行う

支払いが完了すれば「Step 2:Confirm the payment」より「Mark payment compete」をクリックします。
STEP.5
支払い完了処理を行う2

確認画面が表示されます。
「Confirm payment complete」をクリック。
STEP.6
取引相手からの送金を待つ

支払い完了通知が取引相手に届きます。
銀行振込の場合、相手が実際に口座への入金を確認後の処理となるので、夜間や土日祝日などは送金されるのが銀行の翌営業日以降となることもあります。
相手から無事にビットコインが送金されてくれば、自分のlocalbitcoins内のウォレットに反映されます。

まとめ

以上、localbitcoinsのサービス内容や特徴などを紹介し、登録方法や買い方などの使い方の解説をしました。
世界中の人と取引可能なので、ビットコインを色々な国の現地通貨に交換する両替方法として使っても便利かもしれません。
取引所や販売所での売買と違って、人とのやりとりが必要なので面倒に感じる方も多いかもしれませんが、実際そこまで面倒なやりとりは必要なくスムーズに取引できるので、これを機会に相対取引に挑戦してみてはいかがでしょうか?

Localbitcoinsの登録はこちら