BINANCE(バイナンス)のAPI連携方法をわかりやすく解説!

BINANCE -API-アイキャッチ

SHARE

BINANCE(バイナンス)のAPI連携方法をわかりやすく解説!

おすすめ海外取引所ランキング
評価項目 1位 2位 3位
レバレッジ BINANCE★★★★★ bybit★★★★☆ OKEx★★★★☆
スプレッド bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ OKEx★★★☆☆
手数料 bybit★★★★★ BINANCE★★★☆☆ OKEx★★★☆☆
サーバー bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ OKEx★★★☆☆
日本語対応 bybit★★★★★ BINANCE★★★★★ OKEx★★★☆☆
APIって聞いたことあるけど、一体どんな機能なの?
BINANCEの公式APIにはどんな機能がある?

なんて考えたことはありませんか?

BINANCEでは公式APIを公開しているため、データ取得や自動トレードなど、さまざまな使い方ができます。

初心者にはややハードルが高いかもしれませんが、BINANCRのAPIは初心者にもわかりやすいように設計されているので、この機会にチャレンジしてみると良いでしょう。

そこで今回は、BINANCEの公式APIでできることや連携方法、実際の使い方についてご紹介します。

この記事を読めば、BINANCEのAPIをもっと手軽に使えるようになりるはずです!

ざっくり言うと
  • APIとはソフトウェアの機能を共有すること
  • BINANCEの公式APIでは、通常では利用できないオーダー分析自動トレードなどが利用できる
  • BINANCEには専用のAPIライブラリーがあるため、初心者でもチャレンジしやすい

BINANCE(バイナンス)の公式サイトはこちら

BINANCE(バイナンス)の登録はこちら

そもそもAPIとは

BINANCE -API-とは

APIとはApplication Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)」の略称で、ソフトウェアの機能をほかのソフトウェアと共有する仕組みのことをいいます。

仮想通貨取引においては、取引所のAPIを公開することでプログラムコードを一から書く必要がなくなり、効率的に開発を進めることが可能です。

身近なところでいうと、Googleマップが良い例でしょう。

Googleマップはさまざまなサービスに導入されていますが、各サービスの開発者が一からコードを書いたわけではなく、一般公開されているソースコードを使って開発されています。

つまり、BINANCEのAPIを使うことによって、通常では利用できないオーダーの仕方や分析、自動トレードなど、自分の思い通りに使うことができるのです。

BINANCE(バイナンス)の公開API

BINANCE -API-できること

BINANCEには、BINANCE上で閲覧できる情報を取得する「パブリックAPI」と、資産に関する情報を取得する「プライベートAPI」の2種類があります。

パブリックAPI

パブリックAPIで取得できる主な情報は以下です。

関数 内容 引数
get_all_tickers 全通貨ペアの市場価格を取得 なし
get_ticker 指定通貨ペアの24時間の価格変更の統計情報を取得 symbol
get_symbol_ticker 指定通貨ペアの市場価格を取得 symbol
get_orderbook_ticker 全通貨ペアの板情報を取得 なし
get_order_book 板情報を取得 symbol limit (MAX 1000)
get_recent_trades 最新の全約定履歴を取得 symbol limit (MAX 500)

プライベートAPI

プライベートAPIでは、自分の資産に関する情報のほか、新規注文のオーダーをすることも可能です。

そのため、通常であれば暗号化する必要があるのですが、BINANCEでは専用のライブラリが用意されているため、簡単な操作で利用することができます。

プライベートAPIでできる主要機能は以下です。

関数 内容 引数
create_order オーダーを入れる symbol side type quantity price
order_limit 指値オーダーを入れる symbol side quantity price
order_limit_buy 指値買いオーダーを入れる symbol quantity price
order_limit_buy 指値売りオーダーを入れる symbol quantity price
order_market_sell 成行オーダーを入れる symbol side quantity
order_market_sell 成行買いオーダーを入れる symbol quantity
order_market_sell 成行オ売りオーダーを入れる symbol quantity
get_all_orders 全アクティブオーダー情報を取得 なし
get_open_orders 自分のアクティブオーダー情報を取得 symbol
cancel_order オーダーをキャンセルする symbol orderId
get_asset_balance 資産情報を取得 asset
get_symbol_info 通貨に関する情報を取得 symbol

BINANCE(バイナンス)APIの連携手順

BINANCE -API-連携手順

ここからは、BINANCEのAPIを連携させる手順についてご紹介していきます。

大まかな手順としては以下の2ステップです。

APIの連携手順
  1. BINANCEでAPIとシークレットキーを取得する
  2. BINANCEの公式APIライブラリーをインストール

それでは、1つずつ見ていきましょう。

手順1:BINANCEでAPIとシークレットキーを取得する

まずは、BINANCEのサイトでAPIとシークレットキーを取得します。

STEP.1
API作成画面を開く

BINANCE API1

ログイン後、画面右上にあるユーザーマークにカーソルを合わせ、出てきたメニューから「API マネジメント」を選択します。

STEP.2
APIの作成

BINANCE API2

するとこういった画面が表示されるので、「新しく作成するAPIの名前」を入力して「作成」をクリックします。

STEP.3
セキュリティ検証

BINANCE API3

「コードを送信」をクリックすると登録している電話番号宛にSMSが届くので、記載されているメール認証コードを入力してください。

その後Google認証コードを入力し、最後に「提出」をクリックします。

STEP.4
APIキーとシークレットキーを控える

BINANCE API4

APIキーとシークレットキーが表示されるので、忘れないようにメモに控えてください。

権限の設定は、デフォルトでは「読み込みのみ」「スポットおよびマージン取引を有効にします」にチェックが入っています。

 

その他にAPIを使って操作したい項目があればチェックを入れましょう。

手順2:BINANCEの公式APIライブラリーをインストール

BINANCEのAPIとシークレットキーが取得できたら、今度はBINANCEの公式APIライブラリーをインストールします。

公式ライブラリーとはソースコードのようなもので、これを自分のパソコンにインストールするイメージです。

STEP.1
ターミナルを開く

BINANCE -API-連携7

ターミナルとはコマンドを打ち込む画面のことで、Macでは「ターミナル」、 Windowsでは「コマンドプロント」と呼ばれています。

STEP.2
コマンドを打ち込む

BINANCE -API-連携8

ターミナルを開いたら、「$ 」の後に続いて「pip install python-binance」と打ち込みましょう。

するとコマンドが動き、公式APIライブラリーのインストールが完了します。

$ pip install python-binance

MEMO

AWSのCloud9にバイナンス公式APIライブラリーをインストールする場合は

「$ sudo pip-3.6 install python-binance」

バイナンス公式APIライブラリーをPythonで利用する場合は、1行目に以下を追記しておきます。

「from binance.client import Client 」

BINANCE(バイナンス)のAPIを使ってみよう!

BINANCE -API-使ってみよう

では、実際にAPIを使ってPythonから相場情報を取得してみましょう。

今回はBTC/USDペアの終値を出してみます。

まず、コードエディタを開き以下のようにコードを打ち込みます。

その際、「取得したAPIキー」「取得したシークレットキー」の部分には自分のキーを入力してください。

BINANCE -API-連携9

すると関数が呼び出され、結果が出力されます。

BINANCE(バイナンス)APIのまとめ

BINANCE -API-まとめ

APIを使うとソフトウェアの機能を共有することができます。

そのため、BINANCEのAPIを使えば、通常では利用できないオーダーの仕方や分析、自動トレードなど、自分の思い通りに使うことができるのです。

プログラミング言語を使うためそれなりの知識が必要にはなりますが、BINANCEの場合は専用のライブラリーが用意されているため、初心者でもチャレンジしやすいといえます。

気になる人は、ぜひこの機会にチャレンジしてみてください!

BINANCEのAPIおさらい
  • BINANCEのAPIを使うと、仮想通貨取引をもっと自己流にアレンジできる
  • BINANCEのAPI連携はシンプルで簡単
  • Pythonの基本コードも公開されているので、コピペだけで使うことも可能
  • 専用ライブラリーもあってAPI初心者にも最適
BINANCEアプリBINANCE(バイナンス)公式アプリの使い方を徹底解説!BINANCE(バイナンス)の公式サイトはこちら

BINANCE(バイナンス)の登録はこちら