is6comの登録・口座開設と使い方を徹底解説!

is6com-登録-アイキャッチ

SHARE

is6comの登録・口座開設と使い方を徹底解説!

is6comって誰でも登録できるの?
具体的な口座開設方法使い方について知りたい!

なんてお悩みではありませんか?

is6comは2016年に誕生した海外FX取引所で、豪華なボーナスと、最大1,000倍の超ハイレバレッジが大きな魅力です。

そのため、「is6comを使ってみたい!」と思っている日本人トレーダーも大勢存在します。

ただ、is6comは海外取引所であるため、きちんと使いこなせるか不安に思っている人も少なくありません。

そこで今回は、is6comの登録・口座開設方法から、実際の使い方までをわかりやすく解説していきます。

is6comの追証やロスカットルールについてもまとめているので、この記事を読めばすぐにis6comで取引を始めることができますよ!

ざっくり言うと
  • is6comの登録・口座開設は初心者でも簡単!
  • is6com登録・口座開設に必要なのはメールアドレスだけ
  • ただし本人確認には「本人確認書類」「セルフィー画像」「住所確認書類」が必要
  • プラットフォームはMT4のみ
  • そのため、is6comアカウントとは別にMT4のダウンロードが必要
  • MT4はプロトレーダーが愛用する高機能プラットフォーム
  • 自由度が高いので、初心者から上級者まで使いこなせる
  • is6comには追証がなく、ゼロカットシステムを採用している
  • ロスカット基準は証拠金維持率50%
is6の公式サイトはこちら

is6の登録はこちら

is6com-特徴-アイキャッチis6comの特徴・評判・安全性を初心者にもわかりやすく解説!

is6comの登録・口座開設に必要なもの

is6com-登録-必要なもの

is6comは、セーシェル共和国に拠点を構える海外FX取引所です。

とはいえ、完璧な日本語対応も魅力になっている取引所なので、英語が苦手な人はもちろん、18歳以上であれば誰でも登録することが可能です。

特に難しい操作もなく、メールアドレスさえあれば、初めての人でも手軽に登録ができます。

ちなみに、2020年6月現在では「口座開設ボーナス」「優待キャンペーン」を実施しているので、is6comをかなりお得に利用することができますよ!

is6com-登録-登録2

注意
アメリカ合衆国、北朝鮮、オーストラリア、ミャンマー、キューバ、スーダン、シリア、イラン、イスラム共和国在住の場合は、is6comを利用することができません。

is6comの登録・口座開設方法

is6com-登録-登録方法

FX取引所の登録は「メールアドレスを入力した後、メール認証を行う」という流れが一般的です。

しかし、is6comではメールアドレスをはじめ、個人情報なども最初に入力する必要があります。

とはいえ、画面に沿って入力していくだけなので、途中で迷う心配はありません。

STEP.1
is6com公式サイトへアクアセス

is6com-登録-登録1

is6comの公式サイトへアクセスし、画面右上もしくは中央部分にある「新規口座開設」をクリックします。

STEP.2
個人情報の入力

is6com-登録-登録3

登録の区分、メールアドレス、パスワード、名前、苗字、生年月日、携帯電話番号を入力します。

is6com-登録-登録4

続いて郵便番号、都道府県・市町村、町名・番地、建物名、口座タイプ、口座の通貨を入力・選択しましょう。

ちなみに、口座タイプは「スタンダード口座」「マイクロ口座」があり、どちらを選んでも問題はありません。

ただし、それぞれ注文単位や最小・最大注文数が異なるので、自分に合う方を選ぶようにしましょう。

スタンダード口座 マイクロ口座
1ロット単位 100,000通貨 1,000通貨
最小注文数 0.01ロット=1,000通貨 0.05ロット=50通貨
最大注文数 30ロット 100ロット

入力・選択をしたら、「STEP2へ進む」をクリックしてください。

STEP.3

is6com-登録-登録5

自身の雇用形態、年収、資産を選択したら、利用規約をガイドラインを確認します。

特に問題がなければ同意部分とセキュリティボックスにチェックを入れ、最後に「口座開設を申請する」をクリックしましょう。

STEP.4
メールアドレスの認証

is6com-登録-登録6

すると、登録したメールアドレス宛に確認メールが届くので、本文中に記載されている「メールアドレスを認証する」をクリックします。

これで、登録・口座開設は完了です。

また、登録が完了するとMT4ログイン用の情報も届くので、メールを保存しておくか、メモなどに内容を控えておきましょう。

is6com-登録-登録7

本人確認

is6comは、登録が完了すればすぐに取引を始めることがで可能です。

ただし、本人確認が済んでいないと出金拒否される可能性があるので、登録の流れで本人確認まで済ませるようにしましょう。

また、is6comの本人確認では以下の3つが必要になるので、あらかじめ準備しておくと申請がスムーズですよ!

本人確認に必要なもの
  1. メ本人確認書類
  2. セルフィー画像
  3. 住所が確認できる書類
STEP.1
is6comにログイン

is6com-登録-本人確認1

is6comの登録・口座開設が完了するとこのような画面が表示されるので、そのまま「ログインページはこちら」をクリックします。

is6com-登録-本人確認2

登録したメールアドレスとパスワードを入力し、is6comにログインしましょう。

STEP.2
証明書提出画面を開く

is6com-登録-本人確認3

ログインすると、トップ画面に本人確認書類の提出を依頼する文言が表示されるので、「証明書類を提出する」をクリックします。

STEP.3
本人確認書類のアップロード

is6com-登録-本人確認4

まずは、本人確認書類をアップロードします。

本人確認書類として使用できるのは以下です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住基カードなど

*名前(フルネーム)/住所/生年月日/顔写真が確認できる、有効期限内の公的な身分証明書の写し

STEP.4
セルフィー画像のアップロード

is6com-登録-本人確認5

次に、本人確認書類と一緒に撮影したセルフィー画像をアップロードします。

STEP.5
住所証明書のアップロード

is6com-登録-本人確認6

最後に、現住所が確認できる証明書の画像をアップロードしてください。

住所証明として使用できる書類は以下です。

  • 公共料金の請求書
  • 銀行口座の取引明細
  • クレジットカードの請求書など

*ご登録住所が確認できる3ヵ月以内の日付を記載したもの。

3種類をアップロードしたら、最後に「証明書類を提出する」をクリックしましょう。

is6com-登録-本人確認7

STEP.6
書類審査待ち

is6com-登録-本人確認8

するとこのようなメールが届くので、書類審査が完了するまで待ちましょう。

ちなみに、書類審査は通常1〜2営業日以内で完了します。

is6の公式サイトはこちら

is6の登録はこちら

is6comは取引ツールにMT4を採用

is6com-登録-MT4

is6comでは、FX取引のプラットフォームにMT4を採用しています。

MT4とは「Meta Trader 4」の略称で、世界中のプロトレーダーが愛用する高性能プラットフォームのことです。

豊富な機能とインジケーターが標準搭載されているほか、とても自由度が高いため、自分好みのチャート画面をカスタマイズすることができます。

また、幅広いOSや端末に対応しており、環境を気にせず使える点も人気の理由の一つといえるでしょう。

is6com-登録-MT4

対応OS Android・iOS・Windows・Mac・Webブラウザ
動作環境 <PC>
・Microsoft Windows98 SE2オペレーティングシステム、またはそれ以上OSがあるPC
・Intel Celeron Processr をベースとする1.7Gz以上のCPU
・1024×768画素以上の画像解像度
・256Mb、またはそれ以上のRAM
・50Mbのフリードライブスペース<iPhone/iPad>
・iOS 7.0 以降のiPhone、iPad、及び iPod touch<Android>
・Android OS 4.0 以上<Web Trader>
・標準的なブラウザー搭載のPC、タブレット端末、スマートフォン等
注意
is6comで利用できるプラットフォームはMT4のみなので、取引をする際にはMT4のインストールが必要です。

MT4の設定方法

is6com-登録-MT4設定

MT4は独立したプラットフォームになるため、is6comの登録とは別にインストール、設定が必要になります。

とはいえ、こちらも難しい操作は一切ありませんので、初心者でもスムーズに設定することが可能です。

STEP.1
is6comにログイン

is6com-登録-MT1

is6comにログインし、画面上部にある「プラットフォーム」タブをクリックします。

STEP.2
自分のOSに合ったMT4をダウンロード

is6com-登録-MT2

MT4のダウンロード画面が表示されるので、自分のOSに適したMT4の「ダウンロード」をクリックしてください。

するとすぐにダウンロードが始まり、アプリケーションとしてMT4を起動できるようになります。

また、パソコンの容量などが気になる場合は、WebブラウザからMT4を起動することも可能です。

is6com-登録-MT3

STEP.3
MT4にログイン

is6com-登録-MT4ログイン

MT4をダウンロードできたら、さっそくログインしてみましょう。

MT4を開くとこのようなログイン画面が表示されるので、「ログイン」「パスワード」「サーバー名」を入力し、最後に「YES」をクリックします。

MEMO
ログイン・パスワードは、登録完了時に届いたメールに記載されています。サーバー名には「is6com-Live」と入力しましょう。

MT4口座のパスワード確認

MT4のログイン・パスワードがわからない場合は、マイページから確認が可能です。

is6com-登録-パスワード

マイページを下へスクロールしていき、登録口座一覧のところにある「MT4口座のパスワード確認」をクリックします。

is6com-登録-パスワード2

ログイン・パスワードを確認したい口座を選択し、「メールを送信する」をクリックしてください。

すると、ログイン・パスワード・サーバー名が記載されたメールが届きます。(登録完了時に届いたメールと同じもの)

MT4口座の追加

is6comでは、1人で複数のMT4口座を保有することが可能です。

is6com-登録-口座追加

MT4口座を複数利用したい場合は、マイページを下へスクロールしていき、登録口座一覧のところにある「口座を追加する」をクリックします。

is6com-登録-口座追加2

口座タイプ・口座の通貨を選択し、規約の同意ボックスにチェックを入れたら、「追加口座を開設する」をクリックしましょう。

MT4の使い方

is6com-登録-MT4使い方

MT4は機能性が高く、かなり自由度の高いプラットフォームです。

とはいえ、無駄なボタンなどはなく実にシンプルなつくりになっているので、上級者はもちろん、初心者でも十分使いこなすことができますよ!

ここでは、MT4の基本的な使い方についてご紹介します。

チャート

is6com-登録-チャート

こちらがMT4のチャート画面です。

ご覧のとおり、白ベースの実にシンプルなつくりになっているのがわかりますよね!

ここにラインやインジケーターを表示させたり、色を付けたりして、自分好みのチャート画面にカスタマイズしていきます。

ツール機能

チャート画面上部には、さまざまなツール機能が並んでいます。

新規チャートの作成

is6com-登録-新規チャート

通貨ペアを選択すれば、その通貨ペアのチャートを新規で表示することが可能です。

銘柄

is6com-登録-銘柄

is6comの取扱通貨一覧の中から、チャート画面に表示したい通貨ペアを選ぶことができます。

チャート設定

is6com-登録-チャート設定

チャートの表示方法をバーチャート、ロウソク足、ラインチャートに変更することができます。

垂直線

is6com-登録-垂直線
チャートに垂直の線を入れることができます。

平行線

is6com-登録-平行線
チャートに並行の線を入れることができます。

トレンドライン

is6com-登録-トレンドライン
チャートにトレンドラインを引くことができます。

ふきだし

is6com-登録-吹き出し
チャートにふきだしを入れることができます。

フィボナッチ・リトレースメント

is6com-登録-フィボナッチ・リトレースメント
チャートに、簡単なフィボナッチを入れることができます。

等距離チャンネル

is6com-登録-等距離チャンネル
チャートに色付きのチャンネルを入れることができます。

時間足

is6com-登録-時間足
チャートの時間足を設定することができます。

ちなみに、設定できる時間足は以下です。

  • 1分・5分・30分
  • 1時間・4時間
  • 1日
  • 1週間
  • 1ヵ月

その他

is6com-登録-その他

画面左上の「挿入」タブをクリックすれば、もっと細かなツールや機能を使うことが可能です。

かなり種類が多いので、いろいろ使って自分が使いやすいものを見つけてみると良いでしょう。

インジケーター

is6com-登録-インジケーター

画面左上の「挿入」タブをクリックすると、インジケーターの選択ができます。

MT4ではかなり多くのインジケーターが標準搭載されているので、自分にあったインジケーターを見つけてみましょう!

<トレンド>

  • Average Directional Movement Index
  • Bollinger Band
  • Envelopes
  • Ichimoku Kinko Hyo
  • Moving Average
  • Parabolic SAR
  • Standard Deviation

<シオレーター>

  • Average True Range
  • Bears Power
  • Bulls Power
  • Commodity Channnel Index
  • DeMarket
  • Force Index
  • MACD
  • Momentum
  • Moving Average of Oscillator
  • Relative Strength Index
  • Relative Vigor Index
  • Stochastic Oscillator
  • Triple Exoponentioal Average
  • William’s Percent Range

<ボリューム>

  • Accumulation/Distribution
  • Money Flow Index
  • On Balance Volume
  • Volumes

<ビル・ウィリアムス>

  • Accelerator Oscillator
  • Alligator
  • Awesome Oscillator
  • Fractals
  • Gator Oscillator
  • Market Facikitation Index

is6の公式サイトはこちら

is6の登録はこちら

is6comの取引方法

is6com-登録-取引方法

is6comでは、MT4を使ってトレードを行っていきます。

「いろんな機能があってなんだか難しそう…」と思うかもしれませんが、難しい操作は一切ないので、積極的に取引を行っていきましょう!

STEP.1
注文画面の表示

is6com-登録-取引1

通貨ペアの上部にある「新規注文ボタン」をクリックします。

もしくは、画面左の通貨ペア一覧の中から、取引したい通貨ペアをダブルクリックしましょう。

STEP.2
注文内容の入力・選択

is6com-登録-取引2

注文画面を開いたら、まずは通貨ペアが正しいことを確認します。

その後、数量・決済逆指値・決済指値を入力し、注文種別を選択してください。

内容に間違いがなければ、そのまま「Sell(もしくはBuy)」をクリックして注文を完了させましょう。

また、MT4で利用できる注文種別は以下の3種類です。

  • ストリーミング(成行注文)
  • 指値注文
  • 逆指値注文
MEMO
is6com-登録-取引3

ちなみに、成行注文であればチャート左上にある「SELLボタン(もしくはBUYボタン)」でワンクリック取引もできます。

is6comの追証

is6com-登録-追証

is6comには追証がありません。

最初に預ける証拠金以外に入金を請求されることがないため、コストを最小限に抑えることができます。

ただし、万が一損失が大きくなった場合はそのままロスカットになるので、証拠金維持率を確認しながら取引することが重要です。

追証とは?
追証とは、最初に預けた証拠金のほかに、追加で支払う証拠金のことを言います。

一般的に、証拠金維持率が一定の割合を下回った際はロスカットになりますが、追証を支払うことで証拠金維持率が一定以上となり、ロスカットを回避することが可能です。

ただし、追証は証拠金維持率が一定の割合を下回る毎に請求されるので、支払いが度重なればその分損をすることになります。

is6comのロスカット基準

is6com-登録-ロスカット

is6comでは、証拠金維持率が50%を下回った時点でロスカットが自動的に執行されます。

また、複数のポジションを保有している場合は、損失額の大きいポジションから順次ロスカットとなり、証拠金維持率が50%を上回るまで執行される仕組みです。

ただし、実際には手数料や諸経費なども含めて計算されるので、証拠金維持率は80%くらいで考えておくのが無難でしょう。

is6comのゼロカットシステム

is6com-登録-ロスカット

is6comでは、ゼロカットシステムを採用しています。

そのため、最大1,000倍の超ハイレバレッジ取引や、相場が荒れている時のロスカットなどでも、損失が証拠金を上回ることがありません。

万が一損失が証拠金を上回ってしまった場合は、サポート営業日の10:00にボーナスを付与する形でマイナス分を相殺してくれる仕組みです。

また、口座残高がマイナスの状態で入金した場合は、追加入金のタイミングで口座残高がゼロ円にリセットされ、そのうえで入金額が反映されます。

つまり、入金額全てを証拠金として取引することが可能です。

ただし、資金移動に関してはゼロカットシステム対象外となるので注意しましょう。

ゼロカットシステムとは?

ゼロカットシステムとは、ロスカットになった際、証拠金以上の損失が出ないようにする救済システムのことです。

is6comの登録・使い方まとめ

is6com-登録-まとめ

is6comのは、メールアドレスがあれば誰でも簡単に登録することが可能です。

ただし、本人確認が済んでいないと出金拒否になる可能性が高いので、アカウント登録のついでに本人確認まで行っておくのがおすすめです。

is6comの口座とは別でMT4のダウンロードが必要となりますが、ダウンロードもis6comの公式サイトから簡単に行えます。

MT4のチャート画面もかなりシンプルなので、MT4を初めて使う人でもしっかり使いこなすことができますよ!

また、is6comは追証なしのゼロカットシステムを採用。

そのため、最大1,000倍の超ハイレバレッジ取引も安心して楽しむことが可能です。

is6comは常時豪華なボーナスキャンペーンを実施しているので、ぜひお得に、賢く、FX取引を始めてみてはいかがでしょうか。

is6com登録・使い方のおさらい
  • is6comの登録・口座開設は初心者でも簡単!
  • is6com登録・口座開設に必要なのはメールアドレスだけ
  • ただし本人確認には「本人確認書類」「セルフィー画像」「住所確認書類」が必要
  • プラットフォームはMT4のみ
  • そのため、is6comアカウントとは別にMT4のダウンロードが必要
  • MT4はプロトレーダーが愛用する高機能プラットフォーム
  • 自由度が高いので、初心者から上級者まで使いこなせる
  • is6comには追証がなく、ゼロカットシステムを採用している
  • ロスカット基準は証拠金維持率50%
is6com-特徴-アイキャッチis6comの特徴・評判・安全性を初心者にもわかりやすく解説!is6の公式サイトはこちら

is6の登録はこちら