iFOREXの手数料|スプレッドやスワップポイントまで徹底解説!

iFOREX-手数料-アイキャッチ

SHARE

iFOREXの手数料|スプレッドやスワップポイントまで徹底解説!

評価項目 1位 2位 3位
レバレッジ BINANCE★★★★★ bybit★★★★☆ OKEx★★★★☆
スプレッド bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ OKEx★★★☆☆
手数料 bybit★★★★★ BINANCE★★★☆☆ OKEx★★★☆☆
サーバー bybit★★★★★ BINANCE★★★★☆ OKEx★★★☆☆
日本語対応 bybit★★★★★ BINANCE★★★★★ OKEx★★★☆☆
iFOREX手数料って安いの?
iFOREXは出金手数料が高いって噂だけど、手数料をお得にする方法を教えてほしい!

なんてお考えではありませんか?

FX取引にはさまざまな手数料がかかるため、誰しも「できるだけ手数料が安い取引所を選びたい」と思うものです。

しかし、FX業界において一律の手数料というのはほとんどなく、多くの手数料は変動制になります。

そのため、手数料の仕組みをしっかりと理解したうえで比較することが大切です。

今回は、iFOREXの手数料について詳しく解説していきます。

見えない手数料といわれるスプレッドやスワップについても紹介するので、この記事を読めばiFOREXの手数料をマスターすることができますよ!

ざっくり言うと
  • iFOREXの手数料は全部で6種類
  • そのうち取引手数料は完全無料
  • 銀行振込の出金には2,000円の手数料およびリフティングチャージがかかる
  • ただし、10万円以上の出金であれば月3回まで手数料無料
  • スプレッドは狭くスワップポイントも数値が小さめ
  • スワップポイントで稼ぐならトルコリラが最適!
iforex特徴・評判iFOREXの特徴・評判・安全性を初心者にもわかりやすく解説!iFOREXの公式サイトはこちら

iFOREXの登録はこちら

iFOREXの手数料

iFOREX-手数料-種類

FX取引を行う際はさまざまな手数料が発生します。

iFOREXの基本的な手数料は以下の6種類ですが、場合によって無料になったり、高額になったりするケースもあるので、事前にしっかりと理解しておくことが大切です。

iFOREXの手数料
  1. iFOREXの口座維持管理手数料
  2. iFOREXの入金手数料
  3. iFOREXの出金手数料
  4. iFOREXの取引手数料
  5. iFOREXのスプレッド(オーバナイト金利)
  6. iFOREXのスワップポイント

それでは1つずつ見ていきましょう!

iFOREXの公式サイトはこちら

iFOREXの登録はこちら

iFOREXの口座維持管理手数料

<イラスト>iFOREX-手数料-口座維持

iFOREXには、口座を維持することで発生する口座維持管理手数料があります。

とはいえ、「毎月●●円」「年間●●円」といった手数料ではないのでご安心ください。

iFOREXの口座維持手数料は基本無料で、12ヵ月間トレード実績がない口座が対象です。

12ヵ月間トレード実績がない口座は休眠口座とみなされ、四半期ごとに15USDが引き落としされます。

ただ、その際に口座残高がゼロの場合は引き落としはなく、あとで請求されるようなこともありません。

そのため、定期的に取引を行っている人は心配ありません。

また、長期取引を中断する際には、口座資金を全額出金しておくと安心です。

iFOREXの入金手数料

<イラスト>iFOREX-手数料-入金

iFOREXの入金方法は「クレジット・デビットカード」「電子マネー」「銀行・電信送金」の3種類です。

入金手数料に関してはいずれも無料となっていますが、銀行・電信送金もしくは電子マネーを利用する場合は振込手数料は自己負担になるので注意しましょう。

クレジット・デビットカード
銘柄 通貨 手数料
VISA
DELTA
MasterCard
AMERICAN EXPRESS
Diners
JCB
DISCOVER
銘柄による 無料
電子マネー
銘柄 通貨 手数料
Bitwallet
Neteller
Skrill
Bitcoin
銘柄による 無料
*振込手数料は自己負担
銀行・電信送金
銘柄 通貨 手数料
国際銀行/電信送信
現地銀行/電信送信
銘柄による 無料
*振込手数料は自己負担

iFOREXの出金手数料

<イラスト>iFOREX-手数料-出金

iFOREXからの出金は、基本的に入金時と同じ方法で行われます。

クレジットカードで入金した場合はクレジットカードへ出金、BitWalletで入金した場合はBitWalletへ出金するという仕組みです。

そのうち、クレジットカードおよび電子ウォレットへの出金については手数料無料です。

しかし、銀行預金口座に直接出金する場合は、1回につき2,000円の出金手数料がかかります。

また、クレジットカードへの返金枠を超えた部分については「銀行送金」と「電子ウォレット送金」が選択できますが、「銀行送金」を利用する場合も1回につき2,000円が差し引かれるので注意しましょう。

ただ、銀行送金の場合でも10万円(または1,000USD)以上の出金であれば、毎月3回まで手数料無料で出金が可能です。

クレジット・デビットカード
銘柄 通貨 手数料
VISA
DELTA
MasterCard
AMERICAN EXPRESS
Diners
JCB
DISCOVER
銘柄による 無料
電子マネー
銘柄 通貨 手数料
Bitwallet
Neteller
Skrill
Bitcoin
銘柄による 無料
銀行・電信送金
銘柄 通貨 手数料
国際銀行/電信送信
現地銀行/電信送信
銘柄による 1回2,000円
*10万円以上の場合は毎月3回まで無料
注意

銀行振込は海外送金扱いとなるため、受取銀行の側で別途リフティングチャージ(手数料)が徴収されます。リフティングチャージは送金金額によって異なりますが、最低でも2,500円はかかるので、出金金額が少ないと手数料が不足する可能性もあるので気をつけましょう。

iFOREXの公式サイトはこちら

iFOREXの登録はこちら

iFOREXの取引手数料

<イラスト>iFOREX-手数料-取引

取引手数料とは、「売り」「買い」といった取引をする際に発生する手数料のことです。

iFOREXでは取引手数料が無料となっていますが、その代わりに「スプレット」と「スワップ」という見えない手数料が発生します。

そのため、取引の際はスプレッドとスワップに注意が必要です。

iFOREXのスプレッド

<イラスト>iFOREX-手数料-スプレッド

スプレッドとは、売値と買値の差額のことをいいます。

FX取引においては、スプレッドによって手数料を調達している取引所が多く、スプレッドが広い(差額が大きい)ほどユーザーが損をする仕組みです。

たとえば、USD/JPYペアのスプレッドが1.6pipsのタイミングで買い注文を入れたとしましょう。

 

この場合、すぐに決済したとしても売値は買値-1.6pipsになるため、1.6pipsの損失が出ます。

 

これが、実質手数料となるわけです。

つまり、スプレッドが広いほど利益が出にくくなるんですね。

そんな中、iFOREXはスプレッドの狭さも高く評価されています。

特にドル円ユーロドルユーロ円ポンドドルオーストラリアドルのスプレッドは、海外FX業者の中でもトップクラスの狭さです。

以下は、2020年7月現在のiFORXの最小スプレッドになります。

人気銘柄の最小スプレッド
米ドル/円:0.7pips ガソリン:50pips
英ポンド/円:2.3pips コーヒー:20pips
ドイツ30:3.7pips パラジウム:1415pips
AUD/NZD:1.15pips 大豆:100pips
米国30:5pips 天然ガス:0.3pips
ユーロ/米ドル:0.7pips 金:80pips
日本225:7.5pips 銀:2pips
原油/米ドル:2pips 銅:30pips
米ドル/カナダドル:2pips AT&T:4.1pips
ユーロ/円:3pips ENEOSホールディングス:0.5pips
金/米ドル:30pips GMO:3.9pips
英ポンド/米ドル:1.1pips IBM:17pips
ブレンド原油:2.5pips JT:2.6pips
香港ドル/円:40 pips ウーバー:4.4pips
NZドル/円: 3pips ビットコイン:54.64pips
スイス/円:2 pips イーサリアム:209.3pips
アップル:52 pips リップル:28.81pip

iFOREXのスワップポイント(オーバーナイト金利)

<イラスト>iFOREX-手数料-スワップ

スワップポイントとは、通貨ペアを保有した際に得られる金利差のことです。

iFOREXでは「オーバーナイト金利」と呼ばれており、以下のタイミングでスワップポイントが発生します。

  • 冬時間・・・日本時間6:00(GMT21:00)
  • 夏時間・・・日本時間5:00(GMT21:00)

つまり、朝6時(夏時間は5時)の時点でポジションを持っていれば、スワップポイントが発生するということです。

とはいえ、スワップポイントはマイナス(手数料を支払う)だけでなく、通貨ペアによってプラスになる(手数料がもらえる)ケースもあります。

また、同じ通貨ペアでも「買い」「売り」かでスワップポイントが異なるため、確認してからポジションを保有するようにしましょう。

以下は、iFOREXの中で特にスワップポイントが高い銘柄です。

銘柄 売り 買い
ユーロ/トルコリラ 0.03937% -0.07271%
ポンド/トルコリラ 0.04760% -0.05732%
スイスフラン/トルコリラ 0.03313% -0.06646%
ユーロ/インドルピー 0.01199% -0.01615%
ユーロ/南アフリカランド 0.00792% -0.01833%

*2020年7月現在

iFOREXの公式サイトはこちら

iFOREXの登録はこちら

スワップポイント(オーバーナイト金利)の確認方法

iFOREXのスワップポイントは、注文画面で簡単に確認することが可能です。

iFOREX-手数料-スワップ

注文画面のツールタブから「商品情報」を選択します。

すると右側にスワップポイント(オーバーナイト金利)が表示されるので、こちらを確認すればOKです。

また、iFOREXの場合は金利額と金利率の両方を確認できるため、自分で計算する手間が省けます!

iFOREXのスプレッド・スワップポイントを他の海外取引所と比較

<イラスト>iFOREX-手数料-比較

手数料は、取引所を選ぶ際のポイントになるといっても過言ではありません。

海外取引所では「取引手数料無料」というところがほとんどなので、スプレッドとスワップポイントが比較の大きなポイントになります。

ここでは、世界トップクラスの人気を誇るXMと、豪華ボーナスを提供しているLANDFXのスプレッド・スワップポイントを比較してみましたので、ぜひ参考にしてください。

スプレッド

銘柄 iFOREX XM LANDFX
USD/JPY 0.7pips 1.7pips 0.8pips
EUR/JPY 1.2pips 2.6pips 1.3pips
GBP/JPY 2.3pips 3.4pips 1.7pips
AUD/JPY 3.0pips 3.5pips 1.8pips
EUR/USD 0.7pips 1.8pips 0.9pips
EUR/GBP 1.1pips 2.2pips 2.0pips
GBP/USD 1.0pips 2.2pips 1.7pips
AUD/USD 0.8pips 2.1pips 1.5pips

*2020年7月現在の変動幅

こうしてみると、iFOREXのスプレッドはかなり狭いということが分かりますよね!

とはいえスプレッドは変動するものなので、取引の前に一度確認することをおすすめします。

スワップポイント(オーバーナイト金利)

銘柄 iFOREX XM LANDFX
USD/JPY 買い:-0.00117
売り:-0.003
買い:2.62
売り:-8.58
買い:2.3
売り:-10.2
AUDUSD 買い:0.22
売り:-0.00178
買い:-0.00447
売り:-0.26
買い:-0.51
売り:-0.24
EURCHF 買い:0.00003
売り:-0.00419
買い:-3.83
売り:-5.23
買い:-0.17
売り:-0.9
EURGBP 買い:0.00358
売り:-0.00058
買い:-5.15
売り:0.45
買い:-0.61
売り:-0.19
EURUSD 買い:-0.00700
売り:-0.00356
買い:-9.67
売り:3.63
買い:-1.29
売り:0.26
GBPUSD 買い:-0.00494
売り:-0.00450
買い:-6.88
売り:-0.18
買い:-1.17
売り:0.02
NZDUSD 買い:-0.00439
売り:-0.00214
買い:-2.96
売り:-0.56
買い:-0.42
売り:-0.31
USDCAD 買い:-0.00181
売り:-0.00236
買い:-3.64
売り:-3.64
買い:-0.17
売り:-0.8
USDCHF 買い:-0.00286
売り:-0.00450
買い:4.06
売り:-9.48
買い:0.4
売り:-1.31

*2020年7月現在の変動幅

人気銘柄のスワップポイントにおいても、iFOREXの手数料はかなり安いことが分かりますね。

また、ここでは「スワップで稼げる」というイメージが湧かないかもしれませんが、iFOREXで最もスワップが高いのは「トルコリラ」です。

そのため、スワップで稼ぎたい人はトルコリラで取引すると良いでしょう。

iFOREXの手数料まとめ

<イラスト>iFOREX-手数料-まとめ

iFOREXには6つの手数料があり、そのうち取引手数料は完全無料です。

利益に直結するスプレッドは狭く、スワップポイントについても数値が小さいため、トレードコストを最小限に抑えることができるでしょう。

また、iFOREXではトルコリラのスプレッドが高めになっているので、トルコリラで取引する人にとってはかなりお得だといえます。

ただし、銀行振込での出金には注意が必要です。

10万円以下の場合は2,000の手数料がかかるほか、別途リフティングチャージが徴収されるため、金額が少ない場合は手数料が不足する可能性もあります。

とはいえ、iFOREXの手数料は工夫次第で断然お得にできるので、事前に手数料を確認したうえで、賢く取引を行っていきましょう!

iFOREX手数料のおさらい
  • iFOREXの手数料は全部で6種類
  • そのうち取引手数料は完全無料
  • 銀行振込の出金には2,000の手数料およびリフティングチャージがかかる
  • ただし、10万円以上の出金であれば月3回まで手数料無料
  • スプレッドは狭く、スワップポイントも数値が小さめ
  • スワップポイントで稼ぐならトルコリラが最適!
iFOREX-登録-アイキャッチiFOREXの登録・口座開設と使い方を徹底解説!iFOREXの公式サイトはこちら

iFOREXの登録はこちら