BaseFEX(ベースフェックス)の手数料を徹底解説!

BaseFEX手数料

SHARE

BaseFEX(ベースフェックス)の手数料を徹底解説!

BaseFEX手数料が安いって聞いたけど、具体的にどんな手数料がかかるの?
他の取引所と比べてどのくらいお得なのかが知りたい!

なんてお考えではありませんか?

BaseFEXの手数料はとてもシンプルでわかりやすいといえます。

なぜなら、レバレッジ取引に特化した取引所なので、現物取引など他取引の手数料が存在しないからです。

また、BaseFEXの手数料は他の取引所に比べて安めなので、できるだけコストを抑えたいという人にもおすすめなんですよ!

そこで今回は、BaseFEXの手数料についてわかりやすく解説をしていきます。

他取引所との比較も紹介するので、この記事を読めばBaseFEXの手数料をしっかりマスターできるでしょう!

ざっくり言うと
  • BaseFEXはレバレッジ取引に特化した取引所
  • 取引は全て無期限契約
  • BaseFEXの手数料は「入出金手数料」「取引手数料」「Funding手数料」の3種類
  • 入出金手数料は基本無料
  • Maker手数料は無料もしくはリベート制度となり、Taker手数料は0.07〜0.01%で通貨ペアによって異なる
  • Funding手数料は3時・11時・19時の8時間ごとに発生
  • 他の取引所に比べて安めなので、手数料を抑えた取引ができる

BaseFEXで無料口座開設

BaseFEX(ベースフェックス)の手数料

BaseFEX-手数料-手数料

BaseFEXの手数料は主に「入出金手数料」「取引手数料」「Funding手数料」の3種類です。

いずれも取引する通貨ペアによって異なりますので、具体的に見ていきましょう。

BaseFEXの手数料
  1. 入出金手数料
  2. 取引手数料
  3. Funding手数料

入出金手数料

BaseFEXの入出金手数料は、基本無料です。

ただし、出金の際には「ネットワーク手数料」がかかり、これはブロックチェーンの負担の大きさによって変動します。

BaseFEX-手数料-ネットワーク手数料

ちなみに、2019年8月現在のネットワーク手数料は下記です。

少額ではありますが、出金頻度が増えればその分手数料も高くなりますので注意しましょう。

通貨 ネットワーク手数料(1回あたり)
ビットコイン 0.0005BTC
テザー 2USDT

取引手数料

BaseFEXの取引手数料は、取引する通貨ペアによって異なります。

Makerは無料、もしくはリベートが受け取れる仕組みになっているのに対し、Takerは0.07〜0.1%がかかります。

つまり、ひたすら指値注文をすれば取引手数料をかけずに取引ができてしまうんですね。

通貨ペア Maker Taker
BTC/USD -0.0200% 0.07%
ETH/XBT 無料 0.1%
XRP/XBT 無料 0.1%
BCH/XBT 無料 0.1%
LTC/XBT 無料 0.1%
BNB/XBT 無料 0.1%
BTC/USDT -0.0200% 0.07%
ETH/USDT 無料 0.1%
MEMO

Maker(メイカー)・・・取引板にない注文(指値注文)をすること

Taker(テイカー)・・・取引板にある注文(成行注文)をすること

Funding(ファンディング)手数料

Funding手数料とは、レバレッジ取引におけるスワップポイントのことをいい、BaseFEXの場合は3時・11時・19時の8時間ごとに発生します。

つまり、ポジションを持つことによって1日3回手数料が発生するということです。

そして、BaseFEXのFunding手数料は資金調達率によって変動します。

BaseFEX-手数料-資金調達率

こちらは2019年8月26日の朝に確認した資金調達率です。

いちばん右側の「資金調達」がいわゆるFunding手数料になり、この時は全ペアとも0.01%でした。

また、Funding手数料はポジションによって受け取り・支払いも異なります。

そのため、Funding手数料を支払いたくない場合は手数料が発生する3時・11時・19時までにポジションを解消し、受け取りたい場合は持ち続けるようにしましょう。

ロング ショート
資金調達率がプラスの場合 支払う 受け取る
資金調達率がマイナスの場合 受け取る 支払う

他取引所の手数料と比較

BaseFEX-手数料-比較

BaseFEXの手数料はシンプルであるうえ、他の取引所よりも安めに設定されているのが魅力です。

では、実際にはどのくらい安いのか、ビットコイン取引を例に他の取引所と比較してみましょう。

取引所 入出金手数料 取引手数料
BaseFEX 入金:無料
出金:0.0005BTC
Maker:-0.02%
Taker:0.07%
BitMEX 入金:無料
出金:0.0002〜0.001XBT
Maker:-0.025%
Taker:0.075%
BINANCE 入金:無料
出金:0.0005BTC
一律0.1%
Huobi 入金:無料
出金:0.001BTC
無料
Bittrex 入金:無料
出金:0.001BTC
一律0.25%

出金手数料に関してはBITMEXには劣るものの、Huobi・Bittrexよりは安くなっていますね。

また、取引手数料についてもリベート制度が採用されているため、他の取引所よりもお得であることがわかります。

BaseFEX(ベースフェックス)のメリット

BaseFEX-手数料-メリット

BaseFEXには、手数料が安いこと以外にもさまざまな魅力があります。

とはいえ、気をつけるべきポイントもありますので、ここではBaseFEXのメリットとデメリットについてチェックしていきましょう。

BaseFEXの主なメリット
  1. レバレッジ最大100倍
  2. 借金のリスクがない
  3. 手数料リベートがある

メリット1:レバレッジ最大100倍

BaseFEXの大きなメリットは、何といってもハイレバレッジが利用できるというところ。

レバレッジの大きさは通貨ペアによって異なりますが、ビットコインペアであれば最大100倍のレバレッジで取引することができます。

また、それ以外のペアも最大20倍まで利用できますので、少ない資金で大きな利益を狙いたい人におすすめです!

通貨ペアごとの最大レバレッジ

BTC/USD・・・100倍

ETH/XBT・・・20倍

XRP/XBT・・・20倍

BCH/XBT・・・20倍

LTC/XBT・・・20倍

BNB/XBT・・・20倍

BTC/USDT・・・100倍

ETH/USDT・・・20倍

メリット2:借金のリスクがない

BaseFEXは追証がないので、借金のリスクがありません。

多くの取引所では、損失が一定の割合を超えた場合に追証が請求され、ユーザーは最初に預けた証拠金以外の費用を支払わなければなりません。

そのため、そのポジションが万が一ロスカットになってしまえば、最初に預けた証拠金と追加で払った証拠金の両方を失ってしまいます。

しかし、追証がない場合は、万が一ロスカットになっても失うのは最初に預けた証拠金だけですから、借金のリスクがないのです。

メリット3:手数料リベートがある

BaseFEXでは、有効なリンクを使って登録をすると手数料が10%割引になるというサービスがあります。

BaseFEX-手数料-リベート

しかも、割引は6ヶ月間続きますので、かなりコストを抑えることができるでしょう。

また、自分のSNSやブログなどでBaseFEXを紹介するアフィリエイトプログラムも用意されています。

紹介されたユーザーが7日以内に登録すると、クレジットが返ってくるという仕組みなので、使い方次第で効率的に稼げる仕組みになっていますよ!

紹介者の想定取引高(BTC) 手数料率
>0BTC 20%
>1,000BTC 30%
>10,000BTC 40%

BaseFEXで無料口座開設

BaseFEX(ベースフェックス)のデメリット

BaseFEX-手数料-デメリット

BaseFEXを利用するにあたり、事前に知っておくべきデメリットは主に2つです。

そのうち1つはBaseFEXならではのデメリットともいえますので、しっかりとリスクを理解したうえで利用するようにしましょう!

BaseFEXの主なデメリット
  1. 新興取引所である
  2. 日本円が入金できない

デメリット1:新興取引所である

BaseFEXは、2018年に誕生した新興取引所です。

新興取引所とは、あまり知られていない新しい取引所のことで、やや信頼性に欠けるというデメリットがあります。

具体的には、前触れもなく急に出金拒否になったり、最悪の場合は閉鎖になったりする可能性もあるので注意が必要です。

もちろん、そうならない場合も十分あり得ますが、安易に大金を預けてしまうのは危険だといえるでしょう。

取引の際は必要最低限の資金のみを入金するとともに、増えた資金も定期的に出金しておくことをおすすめします。

デメリット2:日本円が入金できない

BaseFEXは日本円の入金ができません。

そのため、仮想通貨初心者の場合は一旦国内取引所で口座を開設し、仮想通貨を購入してからBaseFEXに入金する必要があります。

また、入金できるのは「ビットコイン(BTC)」「テザー(USDT)」の2種類のみなので、アルトコインユーザーにとってもやや不便かもしれませんね。

BaseFEX(ベースフェックス)手数料のまとめ

BaseFEX-手数料-まとめ

BaseFEXはレバレッジ取引に特化した取引所なので、発生する手数料は「入出金手数料」「取引手数料」「Funding手数料」の3種類のみです。

いずれも他の取引所に比べて割安となっており、Maker手数料についてはリベートが受け取れる通貨ペアもあります。

また、ポジションや資金調達率によってもリベートが受け取れるので、仕組みさえ理解すれば効率的に稼げる取引所だといえるでしょう。

ただし、新興取引所だというデメリットも忘れてはいけません。

安易に大金を預けてしまうと「いつも間にか閉鎖されていた!」なんてことにもなり兼ねませんので、自分でリスク回避をしながら取引を行っていきましょう!

BaseFEXで無料口座開設

BaseFEX手数料のおさらい
  • BaseFEXの手数料は割安で、通貨ペアによってはリベートが受け取れる
  • ポジションや資金調達率によってもリベートを受け取ることが可能
  • ビットコインペアは最大100倍、その他のペアは最大20倍のレバレッジが利用できる
  • BaseFEXは追証がないので、証拠金以上の損失は出ない
  • ただし、新興取引所になるため大金を預けておくのは危険